スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Muchas gracias, Moro!!! 

モーロ、お疲れ様でした



1283248163_extras_ladillos_1_0.jpg

モリエンテスがこの月曜にスペインのラジオ、COPEの番組「El Partido de las 12」で現役引退を発表しました。
(もしかしてJosebaの番組かな)

17年間の現役生活。本当にお疲れ様でした。
そしてありがとう。

モーロにはカタールやメキシコ、ドバイそれに、ポルトガルのスポルティングからもオファーがあったそうです。

でも「家族と一緒にいたい」とそのオファーを断りました。

MARCAの記事から
「17年間トップレベルのサッカー生活のあと、少しずつなじんでいくというのは難しいんだ。
 3か月、これからのことを考えた。でも今は家族と一緒にいたいんだ」


そしてモーロはリーガがバルサとレアルの2チームだけのものでなく他のチームタイトル争いができればよいと考えています。
「リーガが2チームだけの争いだったら単調になってしまう。
 他のチームもタイトル争いできたらリーガがもっと魅力的になるよ。」


これは勝手な想像。
モーロの発言の裏にはきっとバレンシアと、キケが率いるアトレティコがあったのではないかな。


モーロがいたあの06-07シーズンのバレンシアは素晴らしいチームでした。
少なくても私には。

キケCL初挑戦のオリンピアコス戦。
忘れもしないモーロのハットトリック。アルビオルの決勝ゴール。
懐かしなぁ。

モーロはこれからどうするのでしょう。
どこで何をしようときっとモーロは今のモーロのまま。
そんなモーロの今後の活躍を心から応援しています。

Moro, qué tenga suerte!


おまけ。モーロがいっぱい。

おもいきりモーロ




バレンシアでの初めてのCLはアウェー、オリンピアコス戦。
点の取り合いの試合は2-4でバレンシアの勝利!
116f00b4aaa874751554789647d40e5b_extras_albumes_0.jpg


ビージャもシルバもモーロから強い影響を受けてました。
若い選手たちの良いお手本でした。

moro13sep.jpg


これもCL。チェルシー戦のゴール後。

73852324.jpg


ビージャと二人、チャンピオンズリーグマガジンの表紙になりました。

champions20nov.jpg

このスーペルの一面、サラゴサにいたことのある二人にひっかけたもの。なかなかです。
2006-12-20_POR_2006-12-13_01_03_53_1_ejemplar4550.jpg
スポンサーサイト

Comments

たまにおじゃましてますが
(Setsukoさんがキケに会えたと言う今回のスペイン旅行のお話の時には、
私までうれしくなって涙してしまいました)
いつもはコメントせずにモリエンテスの時だけって言うのもどうかと思ったんですが・・・

昨日モリエンテス引退表明の文字を目にした時には、
自分が思ったより悲しくなくて割りとサバサバした気分だったんですが、
ここにおじゃまして私の大好きなモリエンテスの写真を見てさみしさが・・・
でもレアル・リバプール・バレンシアのファンの方達が
さみしく思ってくれたり、ありがとうって言ってくれたり、
そんなモリエンテスのファンで幸せだったと思っています。

Setsukoさんの温かいブログには感謝の気持ちでいっぱいです。

シルバ・ビジャの去ったバレンシアの事も、キケの事も気になるので
これからもおじゃまさせてくださいね。

>mori×2さん

いえいえ、どんな時でもコメントくださるのはとてもうれしいです。励みになります。
モーロは私も大好きな選手でしたから、引退を知った時はショックでした。
いつかは来る大好きな選手の引退。
覚悟はしていても辛いし、悲しいですよね。

でも本当にモーロの場合、たくさんの方が「ありがとう」とか「お疲れさまでした」と言ってますよね。
それは彼の人柄ですよね。謙虚で真面目でどこにいっても愛されましたから。
きっと彼の引退を知った多くの選手仲間からもメールや電話がたくさんきているのではないかなと思います。
今後はテレシンコで解説の仕事をするようです。
しゃべるのはあまり得意そうじゃないですけど(笑)。
新しい分野にチャレンジする彼を遠い日本から応援したいですね。

> シルバ・ビジャの去ったバレンシアの事も、キケの事も気になるので
> これからもおじゃまさせてくださいね。

ありがとうございます。どんどんいらっしゃってください!お待ちしております!

Setsukoさん、大変遅ればせながら、Muchisimas Gracias!!!モーロファンとして、こうして取り上げていただけると大変嬉しいです。懐かしい写真もたくさん、楽しませていただきました^^

Cadena CopeのAudioのサイトで探して実際のインタを聞いたのですが(とはいえなかな聞き取れなくって、特に笑ってるとこがわからないと悔しいです^^;)、やっぱり「家族」のことを考えたことが大きかったようです。オファーはたくさんあったようなのですが、家族との時間をゆっくり取りたいということが大きかったようです。(自分1人だったら、もう1年やっていただろうと言ってました。)

ずっとモーロの情報を追っていて、そしてマルセイユでの状況も見てきていたので、私にとって彼の引退は多分そうなるだろうなというもので、ショックではなかったのですが、やっぱり寂しいし悲しいです。でもずっとサッカーに関わって生きたいということなので、これからは彼を見たり聞いたりする機会はたくさんありそうで、それが救いです。(Copeのこの番組のコメンテーターで時々出るみたいですし、Telecincoで代表のユーロ予選でのコメンテーターをするので。)そういえば、ASの短いインタで、引退後1年ぐらいはのんびりしたいけど、将来は監督のライセンスを取って監督をしたいなんてことも言ってました。W杯でのメキシコのTV仕事は無難にこなしてた感のあるコメンテーターですが、監督、どうなのかなぁ。なるべくプレッシャーの少ないところでやって欲しい気はしますが(笑)。

そうそう、Copeでのインタの最後に20の質問っていうのを聞かれてたのですが、その中で、一番住みやすい街はっていうのに、「バレンシア」って答えてました。あとスペイン(代表も含め?)で最高のパートナーはという質問に、「ラウールとビージャ」って答えてました。モーロにとっての心のクラブはマドリーですが、バレンシアも彼のキャリア、そして心の中で大きな位置を占めていることは間違いないと思います!

モーロ引退後のTelecincoの初仕事で、さっそく代表戦の取材に行ってます。写真とか動画でちょろっと見たら、ビージャ・シルバ、レイナ、イケル、マルチェナなんかと楽しそうに話してるのがありました。特にシルバが嬉しそうな笑顔だったのが印象的でしたよ!

>Mikiさん

私も、Mikiさん達のほどではありませんがモーロが大好きなのです。
だから引退と聞いたときはとってもさびしかったです。

彼がバレンシアで過ごした時期は決して良いことばかりではなかったけど、彼が若い選手たちの残してくれたものはとても大きいものだったと思います。
今のスペイン代表を見ていても思いますが、ベテランから若手に受け継がれていくものって確実に各選手たちの中にあるのですよね。
シルバやビージャはもともとしっかりした選手たちでしたけど、それでもモーロを見て感じたことはたくさんあるでしょう。
彼らがベテランとなったとき、どうふるまうべきか教わらなくてもきっとわかるはず。
それがモーロやダビやセサルなどから自然と学んだことなんだと思います。

これからもモーロが今のサンティのように時々ラジオにでてきてくれて、声が聞けたらうれしいですね。
影ながら応援しています。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/2247-93613cb1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。