スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Atlético de Madrid】Sevilla × Atlético de Madrid【雑記】 

Liga BBVA La Jornada 6
SEVILLA 3 - ATLÉTICO 1 |



e__archivo_photo_10_1_1_20101004_YAT02F11.jpg

すっかり去年までのアトレティコに戻ってました。
そう、ねむったまま試合に入る悪い癖が出てしまったんです。

クン、ゴディンを怪我で、レジェスをサスペンションで欠いている厳しい状態。
確かにサンチェス・ピスファンで勝つのは難しいだろうと思っていましたが。。。


キケはこの試合、いつもの4-4-2ではなく4-2-3-1で3の真ん中にチアゴを入れる新しいシステムで臨みました。
メリダは使いたい、チアゴも使いたいということからこのシステムにしたのでしょうか。
これが全く機能せず。
時折ウィファルシが見せる上がりが唯一の見せ所という情けない状態でした。
アスンソンも疲れが見えていつもの彼らしくなく、マリオも良くなくて守備がガタガタ。
いったいどうなるのかと思ったのですが。。。

後半フェリペとジエゴ・コスタを入れてシステムを4-4-2に戻したとたんに彼等の動きは見違えるように。
地元紙各紙はジエゴ・コスタが良かったと褒めています。
彼もよかったですが、私はフェリペ。
彼はやっぱりいいですねぇ。ボールを失わないし、タイミングがとても良いのですよね。

ほとんどのチャンスが彼のいる左サイドから。
シモン、ジエゴ・コスタが絡んで何度もチャンスを作ってました。
彼等の動きが良くなるとメリダのパスもよくなって、さらにチアゴも上がってきて。。。
これはもしかして追いつける?と思った矢先、カヌーテに3点目をきめられてしまいました。

それでもこの試合の彼等は諦めず。
ジエゴ・コスタが1点を返してさらにチャンスを演出したのですが。。。
結局セビージャに逃げ切られ、3-1の敗戦。


試合が終わって。。。
クン、ゴディン、早く帰ってきて~!!!
と心の底から思いました。


キケ記者会見

qique_300x207.jpg

キケはこの敗戦は自分のせいだと言っています。

私はシステムの変更はクン、レジェスがいない中での苦肉の策であり、機能しなかったのは仕方がないと思います。
それを後半4-4-2にもどし、少しでも変えることができたし、交代で入ったフェリペとジエゴ・コスタに満足もできた。
メリダの動きもよくなった。

つまりこのチームはやっぱり4-4-2が合っているのだと再認識できたのです。
これは今後にはよかったかもしれません。


しかしキケが選手達を眠ったままピッチに送り出してしまったことは納得できません。
このまままた元のアトレティコに戻ってしまうのか、それともこの休みを経てシーズン開幕当初のようにできるのか。

休みあけはヘタフェ、ビジャレアルとまたまた上位チームとの対戦。

苦しい試合がつづきます。
いったいどうなるんでしょうねぇ。アトレティコ。
まだまだ目が離せないですねぇ。


それとキケさん、後半のビセンテ・カルデロンでの試合は勝ってくださいね。
セビージャに弱いイメージ、早く払拭したいです。
ホームでは勝てるんですけどねぇ。サンチェス・ピスファンでは。。。
ああ、いやなこと思い出した。


- セビージャ戦の敗戦をどう見ますか?
「我々は状態の良いチームと対戦した。
 システムを変更したがそれが機能しなかった。
 しかしシステムを戻したあとは良くなった。
 このいつもと異なったシステムをセビージャは活かし、前からアグレッシブに来ていた。
 その後、すべてが変わった。時間がたち、ボールを見失い、プレーできなくなってしまった。」

- 主要な原因はシステムの変更ですか?
「我々の方のアグレッシブさが足りなかった。
 後半は得点の可能性があった。我々は2点目、3点目が決めることができた。
 試合のなかでシステムを変更させるようなことは好きじゃない。
 最低限のアグレッシブさがあれば、違っていただろう。
 5人の中盤が、4人の中盤よりも簡単に通してしまっていた。
 しかし責任は私にある。
 (色黒で黒目の守ることを知っている人によって)
 2つのタイトルをとった金髪碧眼の息子の失敗の原因になったと言える。」


この試合の前の記者会見でマンサーノ監督へ注意をしたキケ。
それに対してマンサーノさんが言い返したりしていたため、試合前に2人が挨拶をするかどうかにかなり注目が集まりました。

結局キケの方がベンチをでて、マンサーノさんに挨拶に行ったそうです。



- 試合開始前にマンサーノと挨拶していましたね。もう問題は解決したのですか?
「私は何も変えていない。
 丁寧に仲間意識をもって接するべきだ。
 一方は倫理の問題であり、もう一方は仲間への愛着だ。
 すでにもう言ったように、私は最高を望んでいる。」

- フォルランはどうですか?
「議論することはない。
 彼は偉大な選手だ。今は最高の彼ではないかもしれないが、すぐにそれを見せてくれるさ」





3 - Sevilla: Palop; Konko, Cáceres, Alexis, Fernando Navarro; Perotti, Romaric (Guarente, m.85), Renato, Capel (Alfaro, m.89); Kanouté y Negredo (Luis Fabiano, m.69).

1 - At.Madrid: De Gea; Domínguez, Perea, Ujfalusi, Antonio López (Filipe Luis, m.45); Simao, Assunçao (Raúl García, m.80), Tiago, Fran Mérida; Mario Suárez (Diego Costa, m.45) y Forlán.

Goles: 1-0, M.28: Negredo. 2-0, M.34: Perotti. 3-0, M.51: Kanouté. 3-1, m.58: Diego Costa.

Árbitro: Estrada Fernández (Comité catalán). Amonestó a los locales Diego Capel (m.23), Negredo (m.37), Perotti (m.45) y Konko (m.82) y a los visitantes Tiago (m.16), Antonio López (m.17) y Simao (m.26).

この審判、見たことありませんでしたが、ファール多過ぎでした。
ホームの雰囲気にちょっと飲まれていたような。。。

Incidencias: Partido de la sexta jornada de Liga en Primera División, disputado en el estadio Ramón Sánchez Pizjuán ante más de 40.000 espectadores. Terreno de juego en buenas condiciones.
スポンサーサイト

Comments

Setsukoさん、キケとしたことが。。いやー何とも言えない試合でした。代表ウィーク明けには立て直せると良いのですが・・・。クンはきっと間に合いますよね!?ゴディンは厳しいかなぁー。

アトレティコ、本当に上位陣との厳しい対戦が続きます。きついなぁ!

メリダにはU-21で活躍してチームを勝利に導いて、良い感覚を持って戻ってきてもらいましょう☆

>Mikiさん

なんだかすっかり元のアトレティコでしたね。
みんな疲れていて早く休みにならないかなーとか思っていたのでしょうか。

バレンシア戦、ビセンテゴールの勝利なので記事をゆっくり書きたいのに、時間が。。。
うー明日こそ書こう!と思っています。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。