スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

El Premio de Marca 

Guaita y Villa



1286199345_extras_albumes_0.jpg

10月4日、「Premio de MARCA」の受賞式がマドリッドのリッツホテルで行われました。
これは昨シーズン、リーガの1部2部で活躍した選手、監督、それに審判の方を表彰するものです。

最優秀監督はリーガ優勝のグアルディオラ。
ピチチは34ゴールでメッシ。スペイン人でもっともゴールを決めた選手に送られるサッラ賞はビージャ。
もっともゴールを決められなかったGKに送られるサモラ賞はバルセロナのバルデス。
と、バルサ勢が占めてます。

ビージャはバレンシアの選手として決めたゴールでの受賞ですけどね!

私はビージャがバレンシアにいた時、ずっとピチチを獲らせてあげたい!と思っていたのに最後までそれはかないませんでした。
バルセロナに行って、ゴールチャンスはたくさんあるのになかなか決まらないような印象を受けてます。
きっと波にのれば大丈夫だと思っていますが。。。
是非、来年はピチチとサッラの2つ受賞となってもらいたいなぁ。

1286198752_extras_albumes_0_convert_20101005222020.jpg

バレンシアからはグアイタが2部のサモラ賞を受賞。
良いGKなのですよね。もったいないなぁ。ベンチにも入れない日々が続いてるなんて!
しかもMARCA、写真ないし。。。
(上の写真のグアイタ、なにがそんなに不服なの?って思ったけど。。。)

2部では最優秀監督がレバンテのルイス・ガルシア、ピチチとサッラがエルチェのモリーナでした。


Quique y Felipe

premio_marca_quique.jpg

キケはELとSuper Copa de Europaのタイトルをとったということで特別賞をいただきました。
受賞式にはディ・ステファノさんもいらっしゃっていてキケは彼にご挨拶。

アトレティコ、オフィシャルから。
アトレティコの監督である、キケ・サンチェス・フローレスは、ヨーロッパリーグのチャンピオン監督として、そしてヨーロッパスーパーカップに勝った監督としてDiario Marcaの特別賞を受賞した。
MARCAのディレクターである、エドゥアルド・インダの手からこの賞は渡された。

キケは舞台に上がる前に彼とは特別な関係にある、レアル・マドリーの名誉会長ドン・ディ・ステファノに歩み寄り、挨拶をした。
その後、彼はこの賞を受け取った。 

「アルフレッドに挨拶なしでこの賞をうけとれない。なぜなら彼は以前もそして今も私のことを考えてくれているからだ。彼は父であり、監督であり、そして友人でもある。
 今ここにアルフレッドが一緒にいることはとても光栄だ。」

その後、Rojiblancoの監督はこの賞への感謝を語った。
「一年前、私はアトレティコと契約をした直後にここ来た。
 そのときは自分がいるところを部分的にしか理解していなかった。
 一年経ち、私たちはここにこの賞を祝うためにいる。
 難しくて複雑な監督という仕事をしている他の監督にも勇気を持って頑張って欲しいというメッセージを送りたい」
「私のスタッフである第2監督のフラン・エスクリバー、GKコーチのエミリオ・アルバレス、フィジカルコーチのジョルディ・ガルシアとミゲル・ペイローにとても感謝したい。
 さらにいままでしたことのないような努力をしてくれた選手達にも感謝している。
 彼等はどんなアイディアでもそれを実行してくれた。
 そして私のクラブであるアトレティコ・マドリーにもお礼を言いたい。
 クラブの役員の方々、ファンにもだ。彼等は本当にすばらしい。」

「しかしもう一度言うが、監督というのは理屈に合わないものだ。
 日曜日には大きなミスをしたのに、月曜日には賞を受賞しているなんて。
 みなさん、本当にありがとう!


初めてヨーロッパの舞台でタイトルをとったキケですが、まだまだこれからです。
もっともっと上を目指してください。

premio_marca_filipe.jpg

フェリペ・ルイスが今回から新設された「Puerta y Jarque賞」をビルバオのGKゴルカ・イライソスとともに受賞しました。

この賞は名前からもわかるようにセビージャのプエルタ、エスパニョールのハルケにちなんだ賞です。
MARCAの編集員たちが選んだクリーンなスポーツマンシップをみせた選手に贈られます。

フェリペは昨シーズン、デポルティーボ×ビルバオ戦で大きな怪我をしました。
彼がゴールを決めた時にGKのイライソスと接触、足首があらぬ方向に曲がってしまうほどひどい怪我でした。
しかし彼はイライソスのことを責めるようなことはいっさい言わなかったのですよね。

それでこの賞の受賞ということになったのでしょうね。

2人の受賞のときの言葉です。
フェリペ:
「この怪我は偶発的なものだ。
 僕は何試合かを失ったけど、ゴルカという友達を得た。」
ゴルカ:
「不運なプレーだった。僕はすばらしい友人、人としてものすごく立派な友人を得た。
 僕が彼のお見舞いに病院に行ったとき、とても打ちのめされていたんだ。
 でも彼が僕を慰めてくれたんだよ」



カシージャスも受賞

カシージャスはスペイン代表のキャプテンとして特別賞を受賞。
もちろん、それは代表全員への賞です。

スペインサッカー史に残るワールドカップ制覇。
一番上の写真でイケルの持っている「M」がピカピカ光っているのがなんだかとっても象徴的。






スポンサーサイト

Comments

ビージャ、バレンシアの選手として決めた受賞、嬉しいです。(けれど最後と思うと寂しくもありますが。。)ピチチ、取れるといいなぁ!

グアイタは、モチベーション的にどうなのでしょうねー。シーズン前レンタル移籍を望んでたのをウナイに説得されて残ったけど、今の状況は彼にとって歯がゆいものでしょうね、きっと。

ディ・ステファノさんは確かキケのパドリーノだったんじゃなかったでしたっけ!?キケ、今度は最優秀監督を目指して下さい!!そうそう、Setsukoさんのことだからご存知かとは思いますが、COPEの EL PARTIDO DE LAS 12 でキケの長いインタビューがあったようです。(私もまだちょろっとしか聞いてませんが。)
http://www.cope.es/deportes/06-10-10--quique-sanchez-flores---nuestro-gen-competitivo-debe-ser-permanente-pero-estamos-en-camino-220389-1

>Mikiさん

グアイタ、少しでもプレー時間が増えるとよいのですが。
今やセサルが絶対的な存在になってますからね。
でも彼も39歳。やっぱり先のことを考えるとモジャ、グアイタを少しずつ使っていかなとね。

ディ・ステファノさんはキケのパドリーノです。
お父様のお友達なんですよね。ディ・ステファノさんのご家族はバレンシアに住んでいて、バレンシアで入院したこともありましたね。
その時もキケはお見舞いに行ってました。

キケのインタビュ、ありがとうございます。
最近はラルゲロとこっちと2つきかなきゃいけないので忙しいです!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。