スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Valencia】Valencia × Mallorca【雑記】 

LIGA BBVA Jornada 8
VALENCIA 1-MALLORCA 2





バレンシアはメスタージャのマジョルカ戦は比較的相性がよい、と私の印象に残っていました。
だからこの試合は見れなくてもあまり心配していなかったのです。

今朝、携帯サイトで結果を知りびっくり。
まさか負けるとは。。。
しかも今シーズンのメスタージャでの初の黒星。

ダビもでているのに、なんでこんなことになってしまったの?

20101023-fotocronica07.jpg



大幅なローテーション

セサルが右脚の太もも裏の微小な筋断絶でこの試合も含め週中の国王杯も出場不可能ということもあり、招集メンバはこんな感じ。
モジャ、グアイタ、
ブルーノ、スタンケビシウス、リカルド・コスタ、マドゥロ、マテュー、アルバ、
アルベルダ、トパル、バネガ、ティノ・コスタ、パブロ、フェルナンデス、マタ、ビセンテ、
ソルダード、アドゥリス


先発は
GKがモジャ
DFがスタンケビシウス、マドゥロ、リカルド・コスタ、アルバ
フェルナンデス、アルベルダ、
パブロ、バネガ、ビセンテ
ソルダード

ウナイさん、今シーズンはローテーションがうまくいっていることもあってかなり大胆にメンバーを変えてきました。
しかし今回はあまりうまくいかなかったようです。

1287871925361_efe_20101023_233715.jpg


前半早々に決められた相手の先制点はかなり微妙なPKでした。
しかしそのあとすぐに追加点を入れられ0-2に。
ダビの惜しいシュートもありましたが決まらず。
なんとかビセンテが得たPKそソルダードが決めて1-2になったものの前半はあまり良いところがなし。

後半アドゥリスとブルーノを入れて少し改善。
しかし。。。
ASの記事から。
「バレンシアは良くなった。しかし安定はしていなかった。
 マジョルカは疲れを感じさせなかった。なぜなら相手には粘りが足りなかったからだ。
 彼らには敗戦をさけることができると感じさせられるものがなかった。
 相手チームにやりやすいと感じさせてしまった。」
「試合の最後の時間帯でようやくいくつかのよいセンタリングが上がり、引き分けに近づいたが
 マジョルカのDFは信頼を見せた。
 反対にカストロへのペナルティもあった。
 さらにカストロはカウンターにも失敗したが、勝ち点はマジョルカのものだった」


バルセロナ戦から少しリズムがくるってきているのでしょうか。
ちょっと心配ですが、考えてみればまだ2敗目。
4位はしっかりキープしているのですからそれほど深刻になることはないとおもうのですが。
 
週中の国王杯でしっかり勝って次節サラゴサ戦は気持ちを入れ替えて臨めるようにしたいですね。

Dandyはビセンテ

ASの「El Dandy」はビセンテ。
スーペルなどでも写真がいっぱい出ていました。


1287871925361_enviofotografos_20101023_233145.jpg




20101023-fotocronica03.jpg

Valencia: Moyà, Stankevicius (Bruno, m.46), Maduro, Ricardo Costa, Jordi Alba, Manuel Fernandes, Albelda (Tino Costa, m.70), Pablo, Banega (Aduriz, m.46), Vicente y Soldado.

Mallorca: Aouate, Ratinho (Pereira, m.46), Nunes, Ramis, Ayoze, Joao Víctor, Nsue (Crespí, m.66), Martí (Pina,m.76), De Guzmán, Castro y Webo.

Goles: 0-1, m.7: Castro, de penalti. 0-2, m.29: Castro. 1-2, m.36: Soldado, de penalti.

Árbitro: Álvarez Izquierdo (colegio catalán). Amonestó por el Valencia a Albelda, Tino Costa, Soldado, Ricardo Costa, Aduriz y Banega y por el Mallorca a Ayoze, Crespí, Nunes y Ratinho.

Incidencias: partido disputado en el campo de Mestalla ante 40.000 espectadores. Terreno de juego en buenas condiciones. Se guardó un minuto de silencio por el fallecimiento del ex presidente del club, Arturo Tuzón
 

バレンシアの元会長であるArturo Tuzón氏が先週お亡くなりになりました。
Tuzónさんはバレンシアが2部に落ちたときに会長だった方。
キケがバレンシアにいたときの会長さんでもあります。
スポンサーサイト

Comments

まだ4位、なわけですが、やっぱりホームで負けるのは悔しいです!しかもバレンシアの場合はこれからまだまだ上位チームと当たるわけですから。(ひょっとして上位との対戦の方がモチベーション的にはいいかも。。)

ひさびさのカピタンビセンテの先発&フル出場^^それだけでも私にとっては早起きのかいがあったわけなのですが、どうせなら彼のゴールでの勝利が見たかったです・・・。でも確かによく上がってチャンスを作ってました。マジョルカのDFも強固で、ゴール前の決定的っていうところまで持っていけなかったのが残念。いえそうそう、あのPKをもらったのがありました(笑)!あとジョルディ・アルバもすごく良かった。COPEを聞いてたのですが、絶賛でした。この試合のバレンシアで一番良かった選手って言われてました。攻撃はいつものごとく、よく上がってましたし、守備でも、危ないカウンターをダビ並みに防いだシーンもありました。

守備面はやっぱり不安。そしてスタンケビシウスは攻撃にあまりからめず、何とも不本意なデビューだったと思います。モヤは、2失点は彼の責任ではないのですが、彼にとっても残念なシーズンデビュー戦になったいました。

ちなみにダビ(だけじゃなくこの試合はかなりカード出てましたが)、この試合のカードで4枚目だそうです。彼と4試合連続の抗議でカードを溜めてしまったソルダード(熱いなぁー、もうちょっと冷静に!)がリーチだそうです。

かなりお疲れの様子のパブロが気になります。(COPEでも、バラハが、マタがダビと交代で入ったときに、ダビではなくパブロを交代させては、みたいなことを言ってました。)ホアキンが戻ってくるのが明るいニュースですね!彼とミゲルには国王杯で目いっぱい右サイドを活性化してもらいましょー(^-^)

>Mikiさん

そうそう、ダビとソルダードは4枚目のカードなんですよー
次節はサラゴサ戦ですがその次はセビージャ、ヘタフェと続きますからね。
トパルさんとうまく使い分けて大事な試合にダビがいない!ってことにならないようにしてほしいですが。

バレンシア、ビジャレアルの場合、開幕ダッシュに成功したといっても相手は格下が多かった。
まぁビジャレアルは前節アトレティコに勝ちましたがまだまだわからないと私は思っています。
やっぱり今シーズンも上位2チーム、中盤の6チームぐらい、残り、みたいな構図になってしまいそうな気がしています。


アルバは成長しましたね。
サイドバックは良い選択かも。代表への道も近そうだし。

> かなりお疲れの様子のパブロが気になります。(COPEでも、バラハが、マタがダビと交代で入ったときに、ダビではなくパブロを交代させては、みたいなことを言ってました。)ホアキンが戻ってくるのが明るいニュースですね!彼とミゲルには国王杯で目いっぱい右サイドを活性化してもらいましょー(^-^)

おお、COPEはバラハでしたか。
そういえばバルセロナ戦はモーロでしたねー。
ラルゲロには久々アングロさんが出てました。マジョルカ戦の分析をしてましたよ。
彼のスペイン語はとてもわかりやすいので是非きいてみてください!

モリエンテスはマドリー戦の解説をしてたみたいです。(聞いてないけど^^;)バラハ、TVEの動画で出てましたが、ここのサッカー番組にゲスト出演してた見たいです。サンティやモーロみたいにTVにも進出?だったりして。

そっか、アングロさんはSerでしたね。聞いてみます!

話変わりますが、心筋梗塞で倒れたサラマンカのミゲル・ガルシア選手、助かって本当に良かったです!!サッカーを続けられないのは残念ですが、命あってのものですからね。プエルタのことがあって以降、リーガ1部・2部でグランドに設置が義務付けられたAED(だと思います)がかなり役立ったようです。彼の場合は遺伝的な要因だったようですが、心臓って本当に怖いです。。どうかもうこういうことが起こりませんように、こればかりは祈るしかないですね・・・。

>Mikiさん

モーロ、バルセロナ×バレンシアは解説してましたよー

> 話変わりますが、心筋梗塞で倒れたサラマンカのミゲル・ガルシア選手、助かって本当に良かったです!!サッカーを続けられないのは残念ですが、命あってのものですからね。プエルタのことがあって以降、リーガ1部・2部でグランドに設置が義務付けられたAED(だと思います)がかなり役立ったようです。彼の場合は遺伝的な要因だったようですが、心臓って本当に怖いです。。どうかもうこういうことが起こりませんように、こればかりは祈るしかないですね・・・。

この話はちゃんと書こうとおもっているんですが、なかなか書けず。
デ・ラ・レッドがマドリーの下部組織の指導者として再出発するかもしれないとか
セビージャのセルヒオ・サンチェスは手術してピッチにもどってこれそうとかもあったので。

サッカーはできなくても命がたすかったのですから本当に良かったですよね。
デ・ラ・レッドも苦しいと思うけど新たな道で活躍してほしいと思います。
良い指導者になるためにはたくさん学ばなければなりそうですからね。
いつか、彼が見つけて育てた選手が代表入りして、ユーロやワールドカップで優勝してくれたら、うれしいですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。