スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Atlético de Madrid】Real Sociedad × Atlético de Madrid【CRONICA】 



LIGA BBVA Jornada 12
REAL SOCIEDAD 2 - ATLÉTICO DE MADRID 4
Kun_sabe_gafes_convert_20101123113717.jpg

やっとアノエタで勝てました~!!!
キケのポジティブなジンクスがアトレティコの悪夢を吹き飛ばしたのかな。

しかし試合開始から30分は完璧なソシエダのペース。
ホームということもあったでしょうけれど、ソシエダは素晴らしい立ち上がりでした。
まぁアトレティコがまた眠っていたともいえるのでしょうけれど。。。

先発は
デ・ヘア、
ペレア、ウィファルシ、ゴディン、アントニオ・ロペス
チアゴ、マリオ・スアレス
レジェス、シモン
アグエロ、フォルラン

フェリペはやっぱり前節のオサスナ戦でファンフランに手を焼いたので下げられてしまったのでしょうか。
ドミンゲスもキケに言わせると「まだ昨シーズンのレベルにはない」のだそうです。
なかなかきついなぁキケは。
確かにセビージャ戦とか見ていて「どうした、ドミンゲス」とは思ったけれど。

この先発で不思議だったのは、なぜかCBがウィファルシで右サイドバックがペレアだったこと。
私はペレアの右サイドはあまりいいと思わないのです。
ただソシエダの右はGriezmannだったからですかねぇ。
守備重視ということだったのかなぁ。

でもソシエダの先制ゴールはそこから決まってしまったのです。
右サイドでペレアを軽くかわしたGriezmannからのグラウンダーのクロスをジョレンに合わせられました。
ウィファルシのマークも甘くて、これなら逆の方がよかったんじゃない?と思いました。


しかしソシエダのハイテンションなプレーは長続きせず。
前半30分過ぎからはアトレティコがチャンスを作り始めました。
チアゴがだいぶ攻撃に絡んできていて期待をもてました。


審判のおかげ?



Kun_Forlan_asaltan_Anoeta_convert_20101123113451.jpg

後半、キケはペレアとウィファルシのポジションを変えてきました。
これはすごく効果的だったと思います。(最初からこうしていれば。。と思いましたよ)
それでもなかなか同点ゴールは決まらず。

ようやく決まったのは71分。
これはチアゴのエリア内でのハンドを審判が見逃したあとのプレーから。
アトレティコの必殺電撃カウンターが見事に決まりました!
レジェス→アグエロ→フォルランであっという間にゴール!
いやいや素晴らしい!

この後79分には完璧なオフサイドのアグエロのゴールも認められ、一気にアトレティコは1-2と逆転。
3分後にはまたまたアグエロが決めて1-3と試合を決めてしまいました。
このゴールはフォルランのアシストでした。
やっぱりこの二人の調子がよいとアトレティコは強いです。
しかも見事なカウンター。
本当に気持ちいい!


この3点目でかなり気落ちした感のあったソシエダですが、85分にはリバスがゴールポストに当たって入るゴラッソを決め、2-3と追い上げてきました。
なかなかしぶとい!

しかしロスタイムにレジェスがエリア内で倒されて得たPKをシモンが決めて試合終了。
2-4でアノエタでの初勝利をあげました。

審判のおかげとか言われてますが、たまには良いではないですか、アトレティコがこういう勝ち方をしても!

ASのContracronicaの記事には
「まるで今までのことを審判たちが謝っているようだった」
なんて皮肉が書かれていました。
確かにそんな感じ。
まぁだからってビジャレアル戦やレアル・マドリー戦の誤審を帳消しにはできませんけど。


無題

ASの「El Crack」はもちろんアグエロ。
「El Dandy」はフォルラン。
でもレジェスもDandyに値するぐらい素晴らしかったです。
本当に代表入りしても良いと思うのですけどねぇ。


キケ記者会見から
- この勝利はどんな価値がありますか?
「我々は最初から勝利を目指していた。
 しかし難しかったね。
 ラ・レアルはとてもよかった。
 私は勝利に全面的に満足している。選手たちへの信頼を失ったことはない。
 それはとても重要なことだ。
 今回我々はアウェーで良い結果を得られた。
 ベルナベウ、マドリガル、メスタージャのように戦ったが結果は違ったね」

- 疑わしいプレーが2つありました。アグエロのゴールはオフサイドだったのでは?またチアゴにハンドがあったのでは?
「アトレティコは審判の誤審に苦しんできた。
 サッカーはこういうものだと思う。
 この間違いはアトレティコにとって良い方に働いたね。」

- アウェーで失敗する傾向は変わって来たとおもいますか?
「これはラ・レアルと順位をかけて正面からぶつかった試合だ。
 彼らは1-0とリードしていたし、彼らはアノエタでの試合をいままで完璧にコントロールしていた。
 しかし我々はシナリオを変えた。
 我々は可能な限りすべての方法で試合を変えようとした。
 私はすべての選手をほめたたえたい。彼らは戦うことをやめなかった。」
 




Real Sociedad: Bravo; Carlos Martínez, Ansotegi, Mikel González, De la Bella; Rivas, Aranburu (Sarpong, min. 82), Xabi Prieto, Griezmann (Bergara, min. 65); Zurutuza y Joseba Llorente (Tamudo, min. 76).

Atlético de Madrid: De Gea; Perea, Ujfalusi, Godín, Antonio López; Mario Suárez (Raúl García, min. 76), Tiago, Reyes, Simao, Agüero (Diego Costa, min. 84); Forlán.

Arbitro: Ayza Gámez (Valencia). Amonestó a Aranburu, Bergara, Ansotegi, Mario Suárez y Ujfalusi.

Goles: 1-0, min. 6: Llorente. 1-1, min. 71: Forlán. 1-2, min. 78: Agüero. 1-3, min. 81: Agüero. 2-3, min. 85: Rivas. 2-4, min. 92: Simao de penalti.

Incidencias: 24.000 espectadores en el estadio de Anoeta. Lluvia intermitente durante el partido y campo rápido.
スポンサーサイト

Comments

最後10分+追加タイムだけLIVEで見ました!見初めてすぐ、アグエロゴール!その後も追加点でよしよし、と思っていたらそこで終わらないのがアトレティコですねぇー。まぁリバスのは、ゴラッソですけど。

ハンドやオフサイドの件、たまにはいいですよねぇー。不利な判定に泣かされることも多いんだから。

クンとアグエロのコンビ、やっぱりこの2人の関係で決めてくれるとチームに勢いが付きます!レジェスもいいなぁー。

そうそう、ご覧になったかも知れませんが、El mundoにキケとDr.Houseを絡めたこんなコラム記事が出てました。

http://www.elmundo.es/blogs/deportes/cortadorcesped/2010/11/21/quique-o-el-doctor-house.html

>Mikiさん

一番良いところを見たんですね!
私は前半のダメダメアトレティコを見て「これは今日は負けるかも」と一度は覚悟を決めました。
でもやっぱりこの2トップの調子が上がってくるとアトレティコは強いですねー。
あっという間にカウンターで逆転ですから。

レジェスは素晴らしいですよ。
1点目のアグエロへのパスはスーパーですね。
なかなかあれだけの距離であれだけ正確には蹴れないでしょう。
いや~彼も代表で見たいなぁ。
ビージャならレジェスからのパス一本でゴール決めちゃいますよね~。

> そうそう、ご覧になったかも知れませんが、El mundoにキケとDr.Houseを絡めたこんなコラム記事が出てました。
>
> http://www.elmundo.es/blogs/deportes/cortadorcesped/2010/11/21/quique-o-el-doctor-house.html

はーい!しっかりチェック済みです~!
昨夜はDr.Houseのドラマも見て大満足でした!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。