スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Atlético de Madrid】Málaga × Atlético de Madrid【Lista de Convocados】  

LIGA BBVA Jornada 16
2010年の締めくくり



Quique_Veo_equipo_armado_convencido.jpg

ELの敗退からあっという間、中二日で今年最後のリーガの試合です。
(まだ国王杯が22日に残っていますけど)

今節はアウェー、ロサレダでのマラガ戦。
今日12月19日日曜日現地時間19時、日本時間3時から。
これは生で見るのは難しいなと思っていたらWOWOWさんが放送してくれるのですね。


ELのレバークーゼン戦、彼らの戦いぶりは素晴らしかった。
その姿勢をリーガでも保てるか。
それが今節の見どころかな。
土曜日の試合でエスパニョールがバルサに負けたものの、ビルバオが勝ったので順位は今7位。
ここでつまずいているわけにはいきません!
しっかり勝利してビジャレアル、バレンシアにくっついていかないと!

llegada_a_malaga.jpg


招集メンバではELの試合に出場せず心配されたレジェスには問題なし。
彼はずっと脚に違和感を感じていたのであの天候のなか無理をさせなかったのですね。
ウィファルシも戻ってきました。
そのかわり、カピタンであるアントニオ・ロペスが招集外。

デ・ヘア、ジョエル
バレラ、フェリペ・ルイス、ゴディン、ウィファルシ、ドミンゲス、ペレア、
マリオ・スアレス、チアゴ、ラウール・ガルシア、フラン・メリダ、アスンソン、レジェス、シモン
フォルラン、アグエロ、ジエゴ・コスタ


すでにチームはAVEでマラガ入りしています。
ホテルはBarceló Málagaというところ。
オフィシャルページに載せちゃうところがスペインらしいなぁ。

このところ良い動きを見せているメリダを先発で使ってほしいなぁなんて思いますが、キケさんはシモン&レジェスだろうなぁ。


キケ記者会見より

rueda_de_prensa_de_quique_18_12_10.jpg


ASにあったインタビューの動画、キケがとてもよい表情しているのです。

ASの記事から簡単に。

エスパニョールに、レバンテ、そしてアリスに負けた一週間はアトレティコにとって悲惨なものだった。
アリス戦の負けでELグループリーグ勝ち抜けから一歩後退した。
デポル戦で良くなったアトレティコだったが、レバークーゼン戦では結局勝てず。
グループリーグでの敗退が決まった。
今日(12月18日土曜日)、キケ・サンチェス・フローレスは真っ暗だったここ数日について振り返った。

「説明できない8日間だった。
 良い状態だったシーズンを少し険しいものにした。
 しかし我々は常にポジティブな考えを持ち、この悲惨な週を将来につながるものにしなければならない。
 私はこの選手たちのグループをとても好ましく思っている。
 彼らは彼ら自身の力でチャンピオンズリーグ圏内に到達するだろう。」

また彼は選手たちを
「すでに立ち直っている。なぜならグループリーグ敗退という事実を受け入れたからだ。」
と見ている。
「10日前、アリス戦で負けた後、我々は今以上に精神面で苦しんでいた。
 しかしメンタル面での立ち直った。
 私はアウェーでかつあの悪天候だったが、我々に疲れというつけが回ってきているとは考えていない」

シモンのベシクタシュへの移籍についてキケはまだシモンを失うことに抵抗し、彼のプロフェッショナルとしての姿勢を称賛している。
「私はまだシモンのことについて事実を知らない。様々なファクターによるのだろう。
 その一つはアトレティコのクラブのものだろう。
 はっきりしているのは彼は最後まで我々を助けてくれるだろうということだ。
 今シーズンのはじめ、フラードがそうだったようにね。
 シモンは素晴らしい選手だ。プロとして素晴らしい。それにロッカールームではとても重要なのだ。
 彼は最後まですべてをチームに与えてくれるだろう。」

キケはさらに役員たちとの関係についても語った。
「セレソ、ヒル・マリン、ピタルチとはとてもよく会話している。
 ほぼ毎日のように話しているね。
 それは私にとってはとても重要なことなんだ。」

そしてアトレティコのこの一年に対して成績をつけた。
(モウリーニョが11点ってつけたので、記者たちがキケにも求めたのです)
「素晴らしい年だった。
 3つの決勝を戦い、2つのタイトルがとれた。
 このバランスシートを批判するのは難しい。
 私はチームにとても高い成績を付けるよ。
 最後のヨーロッパリーグでの敗退を除けばね」

最後にキケは明日のライバルである、マラガのペジェグリーニ監督について質問された。
「彼は偉大な監督だ。
 難しい状態のマラガに着任したばかりでだが、彼は素晴らしい仕事をしていると思う。
 マラガは今はまだうまくいってはいないし、その道のりには大きな障害がたくさんあるだろうが、
 素質ある選手たちがたくさんいる。
 我々を驚かすことができるチームだよ。」


あら、結局記事を全部訳してしまいました。
キケさん、EL敗退をプラス方向に変えて2010年を締めくくりたいですねー


エリーアス到着

elias_mendes.jpg

エリーアス・メンデスがの移籍がすでにオフィシャルで発表されています。
エリーアスは1985年5月16日生まれの25歳。
ブラジルのコリンシャスからやってきた、ミッドフィルダーです。
アトレティコとは4年半契約。
シモンがいなくなった後、というタイプではなさそうです。
どうするんだろう。しかもまたEU圏外選手。
アグエロがようやくスペイン国籍を取得して、来シーズンはサルビオが戻ってこられるのかと思っていたら、また違う選手とったりして。。。
ピタルチさんの考えていることはよくわかりません。。。
それはバレンシア時代からか。
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。