【Atlético de Madrid】Atlético de Madrid × Sevilla【雑記】  

LIGA BBVA Jornada 25
Atlético 2 - Sevilla 2


koke_zona_mixta.jpg

試合の放送が今日、というか明日あるので書くのはやめようかと思ったのですが、あまりにうれしくておもわず書き始めたらえらく長くなってしまいました。。。すみません。

コケがプリメーラ初ゴールを決めました~!
おめでとう~コケ!!!

ゴールを決めた後のコケ、まぁ~うれしそうなこと!
胸のエンブレムにキスをして、喜びを表しました。


2試合続けて先発出場というだけでもすごい!と思っていたのにまさかゴールまで決めちゃうなんて!
ビセンテ・カルデロンのファンも大喜び。
ブファンダを掲げてイムノを歌ってました。
68分、コケがファンフランと変わるとき、彼をへの大きな拍手とともにコケを交代させるキケに対してブーイングさえ起こりました。
でも実はこの交代はコケが脚の痙攣のために自ら訴えたものだったんですけどね。

↓この顔見るとかなりつらそう。
1298750164_1.jpg

試合後のコケのインタビュから

「ゴールを決められたのは僕にとってもチームにとってもとても重要だった。
 なぜなら後半開始直後に試合を振り出し戻せたからね。
 勝ち点3を目指したけど、できなかった。
 ファンの拍手は信じられなくぐらいだった。説明なんてできないよ。
 僕らはたくさんのチャンスがあったお。前半も後半も。
 今はこれを続けていかないといけない。

 キケは僕におめでとうと言って、とても喜んでくれたよ。
 そしてこれを続けて行くようにと言った。
 僕はちょっと疲れていた。監督はそれに気づいて僕を交代させたんだ。
 
 僕は監督がいうところならどこのポジションでも喜んでプレーするよ。
 アトレティコの一員として、僕のこのチームでプレーできるならね。」
 

c617x266_053nac27fot1.jpg

この試合ではゴールはきまらなかったけど、とても動きがよかったフォルラン。
水曜日の練習で足首を捻挫して、最後まで出場が危ぶまれたのですが、そんなことはみじんも感じさせませんでした。
アトレティコの決めた2つのゴールは両方ともフォルランのパスからだったぐらいですから。
ファンも久しぶりにフォルランのプレーに対し、満足しているようで、大きな拍手をしていました。

なのに、キケは83分に彼をジエゴ・コスタと交代。
フォルランは怒りのあまり、キケと握手もせずにさっさとベンチに。

でも私も彼の怒りはわかります。
足首の調子はさほど悪そうには見えなかったし、とても気持ちよくプレーしていたので、彼自身も
「今日は俺のゴールで試合を決めてやるー!」
ぐらいのテンションだった時間帯だったのでは?と思うので。

しかし試合後の記者会見でキケはフォルランとはすでに話し合って事を公表。
すでにお互い分かり合ったそうです。
選手が怪我でもないのに交代させられて気持ちが良いわけないですからこれを引きずるとは思えないですけどね。


27porat.jpg


昨シーズンはシーズンの終盤まで3つの大会を戦って選手が疲弊しきっていてリーガではなかなか良い試合ができませんでした。
今シーズンもまた悪夢の1月~2月をすごし、順位を落として散々でした。

バレンシア戦でも良い試合をしながら終了間際のホアキンのゴールで1-2の負け。
前節サラゴサ戦はなんとか勝ったものの、この試合もまた内容がよかったのに2-2の引き分け。
ASなどは
「カルデロンでのアトレティコにとってこの引き分けは新たな躓きである。
 アトレティコはリーガでは良いプレーをしても勝てない。
 この試合ではキケがコケを交代させたことでキケにブーイングがおこった。
 さらにフォルランは交代させらた際に物凄い怒りを見せた。
 カルデロンのファンが再び彼に大きな拍手をおくった試合だったことが彼を一層怒らせた。」
と書いています。

でも私はそんなに悲観的じゃないんですよね。
勝てなかった時はメンタル面の弱さが思い切り出てしまっていて、どうやっても勝てそうにも思えなかった。
でも今はプレーも少しずつ良くなっているし、2回リードされても追いつくだけの気持ちの強さが出てますから。
次のヘタフェ戦、これが彼らの今後を大きく左右するかな、と思います。
まだまだこれから上位チームや直接ライバルとの試合が続くので、それほど大きな期待は持っていません。
でも何となく最後までわからないなぁという気持ちもあります。

この前のサラゴサ戦の後のインタビュでサラゴサの監督、アギーレさんが言っていました。
「リーガは最後の10試合で決まる」
ちなみにこれはSabio(物知り、学識のある)と言われているルイス・アラゴネス前スペイン代表監督の言葉なのだそうです。


Gol Presioso!
cronica_atletico_sevilla.jpg

ゴールそのものもとても美しかったですが、67分に1-2とされた後の同点ゴールということでとても価値のあるものだったレジェスのゴール。
これは彼が育ったセビージャに対して初めて決めたゴールだったのだそうです。

「僕はゴールを決められたことに対して自分のチームであるアトレティコのためにとても満足しているよ。
 でもセビージャでプレーしていたから、彼らへの敬意をしめして喜びはしなかった。」

ようやくこのところレジェスもゴールが決まるようになりました。
あとはフォルランとクンの完璧な復調を待つだけかな。



あと、この試合の影の功労者は主審のマテウ・ラオス(Mateu Lahoz)さん。ちなみにバレンシア州の方です。
ファールをあまり取らず、試合の流れを止めなかったことで多くのスペクタクルな場面が生まれたのだと思います。
MARCAの審判評価も90点ぐらいの高評価。
もしこの試合をXXさんやらYYさんが裁いていたら全く違う試合になったでしょう。
リーガの他の審判の方もマテウさんを是非見習ってほしいものです。


キケ、記者会見より
rueda_de_prensa_de_quique_atletico_sevilla.jpg

お、キケさんも主審をほめてますね。
ファンフランにはもっとチャンスをあげたいな、と思うのですが、なんせレジェスは右サイドの方が動きが良いので、どうしても左で使える選手、ってことになっちゃうのですよね。
でも今日のレジェスのゴールは左サイドから。
これはファンフランにもチャンスが生まれる可能性あり???


- 試合後の感想は?
「私はこのところの試合を思い出していた。どんなときにも大きな失敗が生まれることがある。
 ファンが我々を後押ししてくれた。」

- マテウ・ラオス(主審)については?
「とてもよい審判だ。彼がスペクタクルを生んだ。すばらしい」

- なぜコケを変えたのですか?
「彼は痙攣を起こしていて、交代を要求した。
 でも素晴らしい試合だった。」

- フォルランはピッチを去る時に起こっていてあなたと握手をしませんでしたが
「私に握手を求めなかったのは私も手を伸ばさなかったからだ。
 選手というのはそれぞれ間があるものだ。
 監督はそれを尊重するべきだ。
 ロッカールームで彼と話をして、すでに分かり合っている。
 ベンチにはチャンスを与えるべき選手がほかにもいる。
 我々にはクンとフォルランが彼らのゴール嗅覚を取り戻してくれることが必要だ。
 彼らがゴールを決められないのはチームにツキがないことにもよる。」

- ライバルチームはほぼすべてのチャンスでゴールを決めていますが。。。
「これは心配な状況だ。なぜなら我々がシュートを放たれるとほぼすべてがゴールになっている。
 我々はそれらにとても苦しんでいる。」

- 冬の移籍市場で獲得した選手たちはどうしたのですか?
「エリーアスは今週練習をしていない。ファンフランは今適応中だ。
 このエンブレムはとても重い。そして彼らにはより時間が必要だ」



チアゴ、インタビュ

チアゴは試合後のインタビュでカルデロンのファンに向けて
「ラウールガルシアに対して彼がボールを持つたびにブーイングするのはやめてほしい」
と訴えました。

素晴らしい!
彼をキャプテンにしたいぐらいだ。 



「私は私たちのチームのファンに訴えたい。
 彼らは今日、とてもスペクタクルだった。そしていつもチームとともにいる。
 しかし時々私にとっては、たぶんチーム全員にとってだと思うが、
 すべてをチームにささげ、誰にもまして戦っている一人の選手に対して彼がボールを持つたびにブーイングすることにとても不快感を覚える。
 もう少し我慢をしてほしいと思う。そして我々を支えてほしい。そうすればもっとチームは上位に行くことができると思う。」







2 - Atlético de Madrid: De Gea; Ujfalusi, Domínguez, Godín, Antonio López; Reyes, Tiago, Raúl García, Koke (Juanfran, m. 68); Forlán (Diego Costa, m. 83) y Kun Agüero.


2 - Sevilla: Javi Varas; Dabo (Sergio Sánchez, m. 61), Fazio, Escudé, Fernando Navarro; Jesús Navas, Medel, Rakitic, Perotti (Capel, m. 83); Negredo y Luis Fabiano (Renato, m. 89).


Goles: 0-1, m. 41: Negredo culmina un toque atrás de Perotti. 1-1, m. 48: Koke cabecea de forma magnífica un centro de Forlán. 1-2, m. 67: Rakitic, con un disparo junto al poste tras un contragolpe. 2-2, m. 76: Reyes bate a Javi Varas tras un pase a la espalda de la defensa de Forlán.


Árbitro: Mateu Lahoz (C. Valenciano). Amonestó a los locales Kun Agüero (m. 45) y Ujfalusi (m. 53) y a los visitante Medel (m. 40) y Fernando Navarro (m. 60).


Incidencias: partido correspondiente a la vigésimo quinta jornada de Liga en Primera División, disputado en el estadio Vicente Calderón ante unos 48.000 espectadores.
スポンサーサイト

Comments

やっとこの試合見ました。コケ良かったですねー!!あのゴール以外にも、あわやゴールのシーンもありましたし、攻撃にかなりからんでましたし。

良い内容だっただけに勝てなかったのは残念です。でも前に比べて、チームとしての調子は上がってきているように思うので、あとは勝利だけ!次節、これも勝てないヘタフェ^^;とのプチマドリーダービーですね。

>Mikiさん

私は生で見てしまったので、思わず記事を書いてしまいました。
本当にコケ、良かったですよ~
プレーに迷いがないですね。

交代して入ったファンフランもキレがあっただけにどちらも使いたいぐらいです。

そうそう、ヘタフェ、勝てないだけじゃなくてゴールも決まっていないんですよね。
そこが心配。。。彼ららしくないんですよね。。。
まぁヘタを心配している余裕はあまりないんですけどね。。。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する