スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーのパワーを信じて 

日本代表の3月の試合がチャリティーマッチとして開催されることになりそうです。
東北地方太平洋沖地震、長野県北部地震の被災者の皆様、そして、サッカーファミリーの皆様へ

うれしいですね。
がんばる選手たちの姿は絶対パワーになると思います。
是非実現してほしいです。


また世界中のサッカー選手たち、サッカー界の方々が日本に向けたメッセージを送ってくれています。
サッカー界から続々と届く日本へのエール、「君はひとりぼっちじゃない」

昨日はセビージャ×バルサの試合前、両チームの選手たちが日本語で書かれたメッセージで励ましてくれました。両クラブが一緒に行ってくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
是非被災者の方々に見せてあげたいです。

110045896.jpg


家長選手のメッセージ



海外で活躍する日本の選手たちからも届いています。

リーガではこの冬マジョルカに移籍した家長選手が初スタメンとなった昨日のレバンテ戦で
ユニフォームの下のTシャツに書いたメッセージを見せてくれました。

「困難に立ち向かう、日本にいる全ての皆さんを誇りに思う」

と、日本語とスペイン語で書いてありました。
(写真はこちらから)


内田選手のメッセージ

そしてもう一人。
ドイツのシャルケで活躍する内田選手も。
「少しでも多くの命が救われますように」

感動したのはそのメッセージを書いたTシャツを着た内田選手を、キャプテンのノイヤーがファンの前に導いてくれたこと。
そしてラウールが拍手とともに内田選手を抱きしめてくれたこと。
シャルケのファンがウッシーコールを送ってくれたこと。

Gelsenkirchenの皆様、本当にありがとう~!


詳細はこちらから。
内田選手と共に
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。