スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2011スペイン旅行記】マドリッド散策1 2011月5月4日 

今回の旅はマドリッドが中心。
意外かもしれませんが、私はこの街が大好きです。
グランビア、プエルタ・デル・ソル、マジョール広場あたりのごちゃごちゃしたところも、サラマンカの落ち着いた雰囲気も。
今回は初日にいままでなかなか行かれなかったサン・フランシスコ・エル・グランデ教会や、アルムデーナ大聖堂、ゴヤのパンテオンなどにも行ってみました。


マドリッド到着



5月3日の夜に日本を出発。
飛行機大好きな娘は大興奮!
朝方のパリでも元気いっぱい「おなかすいた~」を連発してました!

マドリッドに到着したのは10時20分ごろ。
さすが首都マドリッドの空港です。
バレンシアに比べて広い。。。

空港についてまず私がやったことはiphoneの海外パケットし放題の設定。
(詳しくはこちらから海外パケットし放題
今までは海外でも無料のwifiのある環境じゃないとiphoneは使わなかったのですが、今回はどこでも使えます!
一日1500円ぐらいしちゃいますけど、やっぱり便利でしたよ。
集めた情報全部を印刷して持ち歩くのは重いので、evernoteに放り込んでおいたアドレスやら、情報やらを見たり、google地図で現在地を確認したり。
役に立ちました。

それに、設定を終了すると、自分のiphoneに「VodafoneES」とキャリア名が表示されました!
これだけで「おお、ここはスペインだ~」って感じするでしょう???


初めての空港でしたが荷物の受け取りも、メトロへの乗り換えも順調。
途中インフォメーションでマドリッドのメトロ一日乗り放題のチケット(6ユーロ)と、翌日から3日間有効のゾーンTのトラベルパス(23.2ユーロ)を購入しました。
これでトレドでもアビラでもアランフェスでもこのチケット一枚で行かれます!
ちゃんと地図もついていて(字が小さくてちょっと見にくかったですけど)とても便利。
詳しくはこちらから(マドリッドの地下鉄


今回のホテルは

7229667.jpg
ホテル近く、アロンソ・マルティネス駅のあたりです。

今回私たちの宿泊先ホテルはこちら。
Gran Versalles Hotel
こちらのホテル、地下鉄のアロンソ・マルティネスという駅から徒歩一分!
しかもこんな便利なロケーションにもかかわらずとても静か。

さらに!
ホテルには12時前に到着したにもかかわらずチェックインもできてしまって、あっという間にホテルの部屋へついてしまいました。

レセプショニスタの方は落ち着いたおじ様。
「スペイン語が良いですか?英語が良いですか?」
と聞いてくださり、私が「スペイン語で」というと少しゆっくり目に丁寧に説明してくださいました。


このホテル、無料のWiFiが使いたい放題です。
これもまた便利でしたね。
いままではバレンシアでもマドリッドでも一日有効というログイン名とパスワードをもらってWiFiを使うという形だったんですが、ここは一回ログインしたら、ホテルにいる限りはずっと使えました。


いざ、街へ出発!

荷物をといて、いてもいられず街へ出発!

あまりに気持ちの良い天気だったので地下鉄には乗らず、チュエカ地区からグランビアを抜け、ソル広場まで歩きました。
娘にとっては7年ぶりのマドリッド。
しかし彼女にとっては街並みを楽しむことよりも空腹を満たすことのことに興味があったようで「おなかすいた~」を連発。

2時になるのをまってMuseo del jamonの2階のレストランに入りました。
今回の初食事(もちろん初ビール)はなぜかスパゲティとチキンのロースト。
チキンのローストはおいしかったですが、スパゲティは。。。
娘はガスパチョと舌平目のような魚のフライ。
こっちの方がおいしかったですね。

しかしなぜ「Museo del jamon」に入って舌平目?ですよねぇ。。。


IMG_3409.jpg

その後ソル広場からマジョール広場を抜け、トレド通りをずっと歩いて、サン・フランシスコ・エル・グランデ教会へ。

ここにはゴヤの絵があるのですが。。。なんと昼休み~!
くやしぃ~!!!
外側だけでもなかなか素敵な建物なんですけどね、うーん。。。

この教会の向かい側にはこんなpaseoがありました。

IMG_3411.jpg


2004年のロイヤルウェディング

IMG_3413.jpg

次はゆっくり北に上って「アルムデーナ大聖堂」へ。
ここは2004年にスペインのフェリペ皇太子とレティシア妃の結婚式が行われたところです。

ちょうど私たちが出発する前、4月29日にイギリスのロイヤルウェディングが行われましたが。
ケイト・ミドルトンさんは一般人ということで話題になってましたが、レティシアもそうですよね。
彼女はRTVEで記者をやっていたんでした。

ここは写真撮影OK.ちょっと暗いですが一枚。

IMG_3417.jpg

IMG_3415.jpg

王宮へ

IMG_3418.jpg

正確に言うと「王宮広場へ」です。
中には入らなかったのです。

しかし青い空が本当にきれいでした。
やっぱりスペインの空は青いなぁ。。。

IMG_3419_20110521105107.jpg

ゴヤのパンテオン?

地図で見ると、王宮広場からゴヤのパンテオンは比較的近いように見えますが、歩くと結構あるのですよ。
普段全然運動していない私はそろそろ足がつらくなってきました。
でも今回はどうしてもあそこまで行ってみたい!

地図を見てみると近くをマンサナレス川が流れています。
これってビセンテ・カルデロンのところを流れているあの川?

と川沿いに歩いてみることにしたのは良いのですが。。。
ずっと止まっている車を狙う車上荒らしみたいな人がいたり、昼間でも結構怖かったです。
公園があっても遊具はあるのに子供の姿はなし。

自然と小走りで走り抜け、あっという間にゴヤのパンテオンまで行きました。
やっぱり普通にフロリダ通りをいった方がよいですね。

ゴヤのパンテオン、なんと写真を撮っていないのです!
なのでネットから。
Panteón de Goya

11262100.jpg

とっても小さい聖堂が二つ並んでいました。
一つがゴヤのパンテオン。もう一つは礼拝用の聖堂なのだそうです。
ここには6月13日の未婚女性や縫い子の守護聖人であるサン・アントニオのお祭りの日、恋人のいない女性が待ち針を持ってやってきて、その待ち針をお清めの水に沈めて「早く良い人が見つかりますように」とお祈りをします。
16世紀から続くお祭り、と「地球の歩き方」には書いてあります。
まだ娘にはちょっと早いですがあと10年したら、、、待ち針持参で6月に来なくちゃいけないかもしれませんね。

私たちと一緒にいたのはご夫婦連れのお二人だけ。
中はとても静かで、涼しくて、ゆっくりとゴヤの書いたフレスコ画の天井を眺められました。


この後、さすがに疲れた私たちでしたが、プリンシペ・ピオからメトロでソルへでて、たくさんお買い物をして、ホテルに戻りました。
食べ物&ワインも買い込んでこの日はホテルでお休み。
明日のトレド行に備えました!

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。