スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Valencia】Valencia × Levante(Ultimo partido de Vicente)【雑記】 

LIGA BBVA Jornada 37
Valencia 0 - Levante 0



despedida-15-mayo-2011h.jpg

ビセンテ最後の試合になってしまったレバンテ戦。
最後だけど最後じゃない。
バレンシアの選手としてのビセンテはこれでピリオドなんだろうけど、彼のサッカー選手としての人生はまだ続く。
あくまで、ここで区切りをつける「、」にしか過ぎない。

ビセンテからの素晴らしいクロスが飛んでも、タイミングが合わない。
もう少し時間があれば、ソルダードともアドゥリスとも息のあったところを見せられたに違いない。
でもそれはウナイさんの目指すスタイルとは違うみたい。

モーロが来たときはすでに代表で作り上げた二人の息をあった関係をBlanquinegroでみせてくれるだけでよかった。
ビージャやアイマールとの関係も特別に作ったものじゃなく、彼らのフィーリングのなかでやっていたように見えた。
今のチームでビセンテが輝くにはいままでと違うものが求められていて、それをビセンテは成し遂げることができなかったということなのでしょう。

私はビセンテが再び輝くのを見たい。
30歳という年齢はサッカー選手にとってはもう晩年なのかもしれないけど、それでも私はまだ私はあきらめられない。

ビセンテに関して不完全燃焼。
もっとできたはずという思いがどうしても残ってしまっている。
あの怪我さえなければ。。。

レジェスがキケの手で再生されたように、新天地でビセンテも誰か良い理解者に巡り合えばと思う。
彼にあったスタイルのクラブと、彼をわかってくれる指導者がいればきっと彼はまた左サイドで輝けると信じている。

国外のチームを希望しているビセンテがもうメスタージャのピッチに戻ってくることはないのかもしれない。
でも02-03シーズンからバレンシアを見始めた私にとって、バレンシアの左サイドは当分ビセンテがいた場所になりそうだ。

1305495851023_solosuper_20110515_233209.jpg



はにかんだ笑顔がかわいい、細身の青年、いやまだ少年だったビセンテ。
坊主頭にしてみたり、後ろ髪を伸ばしてみたり。
代表ではプジョールと大喧嘩を繰り広げたり。
記者会見に出てくるたびにその服装に「あちゃ~、またやっちゃった!」となんど苦笑いしたことだろう。

そんなビセンテもいつのまにやら筋骨隆々。
それは足の怪我のせい、というのがちょっと切ないけど。
笑顔は相変わらずかわいらしくて、思わずこちらも笑顔になってしまう。

今年はパテルナで車から降りて一緒に写真を撮ってくれた。
あれはファンへの最後のプレゼントのつもりだったのかな。。。

セビージャ戦のあのゴール、マルセイユ戦のPK、デポルティーボ戦のFK、アトレティコ戦のアシスト、忘れられないシーンは山ほど。
もう一度ピッチの上でビセンテのはじける笑顔が見たいです。心から。

ビセンテ、本当にありがとう。

1305495877819_enviofotografos_20110515_232713.jpg


おまけ

スーペルの一面。
SuperDeporte_2006-09-16_20110524162524.jpg


スーペルの写真集などから。

これはサラゴサ戦を見に行った時のショットです。
img_844465_11718592_1_20110524162035.jpg

vice6sep2006.jpg


1232039926540_48_1_30_136_20110524163246.jpg


試合前のビセンテをおくる花道。
最後に立っていたのがダビでした。

彼にとっても感慨深いものがあったのではないでしょうか。
地元出身の選手であり、少し精神的に弱いところのあるビセンテを弟のように気にかけていましたから。

1305389399287_rnavarro_20060930_133129_2.jpg

1305389936837_externas_20100921_222742.jpg


この人も別の場所でホームゲーム最後の試合を迎えていました。
冬の移籍市場でビセンテ獲得を狙っていたというのはほんとだったみたい。
もしビセンテがその時キケのところに行っていたら。。。

1305389399287_pcalabuig_20061010_171601_1.jpg

14julioquiquederecha.jpg

ビージャと。
2007-04-09_IMG_2007-04-02_00-47-40_enviofoto_20070401_161332_6.jpg

vcf-mall19dic2006a_20110524163247.jpg

04-1.jpg


マルチェナさんと
VICENBEBE22MAYO07.jpg


vicencurioso228febrero07_20110524162524.jpg


1238170092211_00_1_38_155_20110524163246.jpg

vteizq22enero07.jpg

スポンサーサイト

Comments

Setsukoさん、ごめんなさい。
ビセンテの事、知らなかった…。

モーロへのクロスは、やはりビセンテでしょう。
モーロも1番やりやすかったのではないかなあ。
もちろん、シルバとか他にも良い選手はいますけど。
バレンシアに来てからも、たとえばビセンテが故障明けでピッチに出た時も
まさに「あ・うん」の呼吸でしたものねえ。

これからの彼の人生に幸多かれと祈らずにはいられません。

>盛夫さん

ビセンテ、いなくなっちゃうんですよ。
すごくさびしい。

本当にもうあのころの選手、いなくなっちゃいましたよね。。。

ダビのあとはビセンテ、アルビオルがブラサレッとをつけるのかな、なんて思っていたのに
二人ともいなくなってしまった。。。

ビセンテ、腕にかわいいブランカちゃんを抱いて花道で登場した時から、うっときちゃいました。先発で見たかったですが、仕方ないですね~。それはともかく、レバンテ残留決定お祭りさわぎのせいで、試合後もファンにまともに挨拶も出来ずになぁなぁになっっちゃったのがかわいそうでした。TVで見たビセンテも何だか名残押し合おうな感じに見えたし。。

私がバレンシアを見始めたときには既にケガで苦しむ日々で、(代表ではちょっとキレキレビセンテ見ましたが)、芝を切り裂くようなっていうところをあまり見ることが出来ませんでしたが、でも私にとっては何よりも大好きな選手です。

プレミアで興味を持っているチームが、とか言われたりもしてましたが、とにかくどこに行ってもケガには気をつけて、まだまだやれるっていうところを見せて欲しいものです。キケがどこかのチームを率いることになって、呼んでくれればいいんですけどねぇ~。

>Mikiさん

私も先発で見たかったんですけどね。
最後にブラサレットを付けた彼が見れただけで満足かしなくちゃいけないのかな。
私がビセンテを初めて見たのは02-03シーズン。まだ細くてキレキレ、とはいかなかったですが、その次のシーズンに一気に花開きましたよね。
本当に悔しいあのブレーメン戦。あれさえなければ。。。と今でもあの時の某ドイツ人選手は大嫌いです。

国外のチームに行きたい、と言っていますが、ビセンテがスペイン語の通じないところに行って平気なのか?と心配になってしまいます。
バレンシアを敵にしたくない、という気持ちは分かりますが、国外は難しいのではと思います。
とにかく早く彼の納得できる移籍先が見つかって、心機一転して新しいシーズンを迎えられる事を願っています。

キケねぇ。。。うーん。今シーズンはお休みのような気がします。
できたらビセンテと再び一緒にやってほしいですけどね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。