スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2011スペイン旅行記】やっぱりバレンシアが好き! 2011月5月8日 

バレンシアへ



5月8日、朝8時40分発のAVEでマドリッドのPuerta de Atocha駅からバレンシアへ行きました。

バレンシアのAVEの駅、ホアキン・ソロージャ駅はこんな感じ。
思ったより小さかったですが、明るくてとてもきれいでした。
IMG_3709.jpg

私たちをこの駅で待っていてくれたのはドイツ人の熱烈なバレンシアニスタのElke。

この日は日曜日でふつうなら練習はありません。
でも次の水曜日のエスパニョール戦のためにこの日曜日は練習があったのです。
と、なれば行かないわけにはいきません。

Elkeはいろいろ詳しくて、日曜日にはパテルナまでのバスもないから一緒にタクシーで行こうと言ってくれ、私たちを駅で待っていてくれたのです。

駅に到着して、コインロッカーに荷物を預け、いざパテルナに出発です!


今年のパテルナは。。。

IMG_3640.jpg

去年は風が強くてとにかく寒かったパテルナ。
今年は。。。例年の暑さが戻ってました。
油断したわけじゃないのです。ちゃんと日焼け止めもつけていきましたし、途中で塗り直しもしましたから。
でもしっかり、今年もパテルナ焼けしてました。
時計の跡がくっきり。。。

そうそう、今年もう一つ昨年とは違うところがありました。
また新たなゲートができていたんです。
いままではあのクーマンが作ったゲート(上の写真に見えるやつ)までは入ってそこの手前で選手を待つことができました。
しかし今度はそこにも入れないようにされてしまったので、パテルナの門の外で待たなければなりませんでした。

ちょっとこのゲートはいただけない。。。
(娘がとった写真なのでちょっと斜めになってしまってますが、銀色のゲートがあるのがわかるでしょうか。これが新しいゲートです)

IMG_3644.jpg


この日は前日の試合に出た選手たちはグラウンドには出てきませんでした。
つまりダビが練習する姿をみることはできなかったのです。。。残念。

でも、練習が終わると意外にあっさりとダビが出てきてくれました。
この日は記者会見だったんですが、その記者会見もさっさと済ませて?ソルダードの次、2番目に出てきてくれた時にはちょっと拍子抜け。
だって、毎年なかなか出てこなくて、「もう帰っちゃったのかなぁ」とやきもきして待つのが恒例だったから。

IMG_3660.jpg

たくさんのファンにサインをねだられていたダビでしたが、彼の車のなかで何かの音がピーピーなっていて、それが気になっていた様子。
それでもちゃんと写真も撮ってくれましたけど。

スーペルによると契約延長の話が始まったよう。
クラブはダビの年俸を下げたいと思っているようですね。
ダビはできたらバレンシアで引退したいと思っているようですが、他のクラブからオファーもあるようです。
どうするのかな。



ほとんどの選手が車の中からでもサインをしてくれたり、写真を一緒にとってくれたりしていましたが、中には車から降りてファンサービスしてくれる選手も何人かいました。

セサル、アドゥリス、チョリ、ティノ・コスタなどなど。。。
さらにこの人も!
今回一番人気があったのは彼だったかな。

IMG_3678.jpg

今回一番意外だったのはこの人、トパルさん。
ちょっとはにかんだ感じ(実際にはサングラスでよくは分からないですが)が新鮮でしたね~
トパル


そして。。。ダビが出てきてから待つこと一時間近く。
やっと出てきました、ビセンテ!
その時、車をとめてくれたビセンテに向かって誰かが叫んだんです。
「Baja!(降りて!)」って。
そしたら本当に車から降りてくれたじゃないですか!

あまり笑顔はなかったけれど、それでもうれしかった!
一緒にとった写真は宝物でございます!

IMG_3690.jpg

こちらも意外だったのがチョリ。
アルゼンチン人のファンの子供達にとても優しく接していましたね。

チョリ

と、言うわけで今年はあっさり終わり?
いえいえ、ウナイさんにお礼を言う、という大きな目的があったので、待ってましたよ、この後も。
2時まで待ったのですが、ウナイさんは出てきませんでした。。。

朝早かったせいでもう眠くてクタクタの娘がぶーぶー文句を言い始め、仕方なく私たちはバレンシアに戻ることにしました。
ウナイさんにお礼がいえなかったのはとても残念ですが、彼は来年もバレンシアにいます。
もし来年機会があったらその時にでもちゃんと言いたいと思います。


そしてバレンシアに戻った私たち。
あまりにおなかがすいていたので、AVEの駅で昼食をとってしまいました。
これはちょっと残念でしたねぇ。
もっとちゃんとしたところで食べられたら良かったのですが。。。
そしてElkeとまた来年会おう!と約束して別れ、ホテルに向かいました。
今回のホテルはAyre Hotel Astoria Palace。Ayre Hotel Astoria Palece

以前にも2回ほど泊まったことがありますが、いつ行ってもとても気持ちよく過ごせるホテルです。
今回は部屋の内装がリニューアルされていて、モダンな感じになっていました。
でもレセプションやドアマンの方の笑顔は変わらず。
さっと対応してくれるところとか、マドリッドのホテルより親しみが感じられるのです。
マドリッドからバレンシアに来て、このホテルで過ごせてとてもホッとできました。
また絶対きたいな、と思うホテルです。

朝食のオレンジジュースもおいしかった!
そうそう、スペインのホテルの朝食ではあまりおいしいコーヒーに出会うことがなかったのですが、
ここはNespressoがあってとてもおいしいエスプレッソが飲めましたよ!


IMG_3715.jpg


今回はバレンシアにたった一日しかいられなかったため、Tastemには行かれず、Albertoさんとも再会できませんでした。

でも今回この一日で、やっぱり私はマドリッドよりバレンシアの方が好きだなとあらためて思いました。
バレンシアの空と空気と街。
同じスペインでもマドリッドとは全然違うのです。

AVEの駅から出て見上げた空の青さ。
やっぱりこれですよ~私の中のスペインは!

これはミゲレテの塔からとった写真です。IMG_3719.jpg

IMG_3724.jpg

おまけ

バレンシアでもたくさんの選手たちに会いました。
しかし、アトレティコもバレンシアもみんな優しいなぁ~

車からさっと降りてくれたセサル。

セサル

アドゥリスは後から来る選手の邪魔にならないようにわざわざ車を横に止めて、降りてきてくれました。
しかし、うちの娘は写真撮るのヘタだな。
これで今年から写真部に入ったってどういうことだろうか。。。
アドゥリス


ソルダードは一番にでてきました。
最後はネグレドにスペイン人ピチチは取られちゃったけど、固め打ちなら負けません?!
ソルダード



にこやかなホアキンは相変わらず。
IMG_3662.jpg

ミゲル、来シーズンもいてほしいなぁ。
IMG_3668.jpg


今年はパジャマのようなシャツじゃなかったパブロ。
良かった。。。
IMG_3651.jpg


ちょっとへんな態勢なのは子供の肩に手をおいて写真をとっているところだからです。
IMG_3683.jpg

モジャのオーラが減っていたような。。。
移籍した方がよいね。また色気ムンムンのモジャに戻ってください。
モジャ

こちらはElkeお気に入りのティノ。
彼女はアルゼンチン人選手が大好き。ティノの丁寧なサインに大感激してました。
ティノ

スポンサーサイト

Comments

Setsukoさんの写真がお上手なこともあるでしょうが、毎年見せていただいていて、本当にバレンシアの青空、きれいですね~!!写真で見てるだけでも気持ちが晴れやかになります。

またたくさんの選手たちの写真、ありがとうございます。丁寧な応対してくれているんだな、というのが写真からも感じられます。ビセンテ、どんな感じでした?ダビ、来年はカピタンダビ(であって欲しい!)に、またぜひ会いに言って下さいネ^^

>MIkiさん

いやいや、今回は娘に頼んだ場面が多く、あまり良い写真がないのですよ。
やっぱり自分で取らないとダメですね。。。

今回のパテルナはなんといってもあのゲート!
あのせいで選手と全然近づけない!のです。
みんな車に乗って出てきてしまうので、降りてくれる選手以外とは車のドア越しでしか話ができないのですから!
なのでダビとも全然話ができませんでした。
ファンが車に殺到してしまって一人一人を相手にしている時間もないし、終われば車でさっと去ってしまうし。

あのゲートを作った方としてはしてやったりなのでしょうけど、ファンからすると本当に「なんて余計なものを作ってくれたんだ!」って感じです。
それでも何人かの選手が車を降りてくれたのには本当に感激しました。
優しいですよね~

しかし一抹の寂しさを感じたのも事実。ビージャやシルバ、アレッシィがいないんですから。
やっぱり彼らの抜けた穴は私にとっては大きかったです。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。