スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

David renovará un año más 

el último mohicano del Doblete



Albelda_dice_agranda_leyenda_Valencia.jpg
(この写真、私がパテルナでダビを待っていた日の記者会見の写真ですね~)

ほぼ、ダビの一年契約延長が決まりそうです。

先週の木曜日、ジョレンテ会長がダビの代理人であるトルドラ氏とダビの契約延長について話をしました。
そこで出された条件は一年の契約延長と年俸の大幅ダウン。

どれぐらいのダウンかというと。。。
Las Provinciasによると2010年のダビの年俸は肖像権も含め2,775,000ユーロ、日本円で約3億3千万円。
そのうち約43~45%を税金で持って行かれていたため、実際は約1,554,000ユーロ、日本円で1億8千万円ぐらい。

それをバレンシアは約800,000ユーロ、9,600万円、約半分にするといったのです。


ダビには実際、かなりオファーが来ていたようです。
リーガのクラブ(名前が出ていたのはオサスナ)、さらにプレミアのクラブからも話はあったようです。
でもダビはもう一年、チャンピオンズリーグも含め、高いレベルでプレーできるバレンシアに残ることを選びました。

地元紙ではダビがこの一年の契約延長を勝ち得たことを、これでバレンシアで引退できる、というような書き方をしています。

でも私はそうは思いません。
今シーズンは膝を手術したこともあって、リーガ16試合、チャンピオンズ4試合、国王杯2試合の計22試合しか出場できませんでした。
でももし来シーズン、もっと出場することができて、彼が自分のプレーに満足できたら、彼は来シーズンで引退、とは思わないのではないでしょうか。

今年のバレロンのように、さらにもう一年の契約延長を勝ち取ることもできるかもしれないじゃないですか!

今やドブレテの生き残りは彼ひとり。
きっとダビは自分が一番最後まで残ることになるとは思っていなかったでしょうね。

しかし、バレロンといい、ダビといい、すごい。
彼らの気持ちの強さはどこから来るんでしょうか。
バレロンは大きな怪我がありました。
ダビは怪我もあったけど、戦力外にされたり、ウナイさんに使ってもらえなくなったりしました。
でも負けなかった、二人とも。

チームの精神的支柱になりえる人はやっぱりこういう人なんだろうなぁ。

ダビの契約延長はすごくうれしいけど、早く彼の後を継ぐ選手が出てきてほしいものだとも思います。
まぁなかなか難しいでしょう。

あ~でもうれしい~!
早くオフィシャルで正式発表があるとよいな~

来年はバレンシアでダビ三昧だ!(気が早すぎるか。。。)

シーズン最後の親善試合、Alziraとの試合の時のダビ。
1306517421899_enviofotografos_20110527_191522.jpg
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。