スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

El acto de renovación de David Albelda 

lo único que quiere es seguir en el club che






renovacion-3-junio-2011c.jpg

ダビの契約延長のプレゼンがありました。
簡単に訳しておきます。

ASから

ダビ・アルベルダはバレンシアとの契約を2012年6月20日までに延長してから
初めての記者会見に登場した。
”Che"のカピタンは33歳だが、クラブを去るという考えが頭をよぎることはなかった。
「クラブから出ていく事は考えていなかった。
 クラブがどういう決断をするのかを待ちたいと思っていたんだ。
 ここで続けていくことが良いと考えたんだ。
 残るというオプションがなかったら、他の事を考えただろうね。」

アルベルダは現在の彼の精神状態について語った。
彼は14年間エリートクラブですごし、多くのタイトルを勝ち取った後でも
モチベーションの問題はないと考えている。
「最初の日から最後の瞬間まで夢を持ち続けることが長く活躍している選手、
 特に同じクラブで続けているバルセロナのプジョールマドリーの時のラウールような選手達の
 秘訣なんだよ。
 その面では僕はとても強いと思う。
 いつでもモチベーションを持つための手段を見つけているからね」
と話した。


はい。そうです。
彼ほどすべてを自分にプラスに持っていける人はなかなかいない。

昨シーズンはウナイさんに使ってもらえない時もあったけど、
マルチェナが怪我で出られなかったバルサ戦でみごとなプレーを見せて
ファンとそして監督の信頼をがっちりつかみましたからね。

今シーズンはトパルさんが怪我をして、彼が頑張らなければならない状態になって
そして自分の膝が悪化してしまった。
その怪我を乗り越えることが彼のモチベーションにつながったのでしょうね。

自分も認めているように彼は本当に
「una persona fuerte」

まだまだこの気持ちの強さが残っている限り彼はプレーを続けるでしょうね。
来年の5月、また一年延長、ってことになっているとよいなぁ。


renovacion-3-junio-2011f.jpg

1307093268_extras_mosaico_noticia_1_g_0.jpg
 
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。