スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Part2:Entrevista David Albelda en el SuperDeporte 2011/8/9 

先日のダビのインタビューの続きです。
今回はチームやマタのこと。



- なぜマタはこのバレンシアにとってとても重要なのですか?
「彼は若いにもかかわらず多くの経験をしている。
 さらにマタはプリメーラの選手としてここで成長した。それはとても重要なことなんだ。
 そしてマタは他のクラブのスクールの出身だ。
 でも彼はバレンシアで、エリートの仲間入りをしたんだ。
 彼のように、チームの中で重要な仕事をしている選手がクラブにいることはとても大切な事だ。

- バレンシアは彼をクラブに引き留めるためにできることをすべてしていると思っていますか?
「そう理解しているよ。クラブが彼を引き留めようとするのは当然のことだ。
 最後にはみな気が付くと思うよ、あれはアトラクションだってことに。
 ここ数年、クラブは経済状態が悪いため、お金を手に入れることが必要だった。
 でもクラブの姿勢は明らかだ。

- チームはずいぶん変わりました。素晴らしい選手たちが何人も去っていきましたね。
「とても大きな変化があったと感じた年だ。
 実際にバレンシアの先発メンバーを当てることはとても難しい。今はほぼ不可能だろう。
 すべてのポジションにおいて、同じぐらいのレベルの選手達が競争をしている。」

- チームが決まっていないことは良いことでしょうか。
「みんながチームのなかで大切な選手になりたいと思っているということであり、
 競争があることはよいことだし、時間がたてばそれぞれが自分の役割をものにしていくだろう。
 チームの選手構成は重要なことだ。
 我々は一貫していなければならない。出番が回ってきた時にはしっかりとした準備ができているようにね。」

- どんな理由によって新しい選手たちから多くの尊敬をえたのでしょうか?
「それはわからないな。僕の毎日の行動はすごく普通だよ。
 真面目な調子というより、ちょっとのんびりした感じで話している。
 多分、僕がここに長年いるからだと思うよ。」

- どうやってチームを一つにしようと考えていますか?
「最初は毎日の練習のなかで尊敬を勝ち取り、お手本にならなければならない。
 どうやって?最大限練習をして、チームを支える。
 特に誰かがチームにうまく馴染んでいないような状況の時にね。
 常にチームのそばにいなければならない。そしてそれは模範になる。
 その後はチームの結束を高める他の方法もある。
 しかし結局は良い結果が出ればチームはよりまとまるものだ。」



今日もまた全部訳せませんでした。 
結構量があるのね… 
スポンサーサイト

Comments

Superもカピタンに戻ったダビ関連の記事とかインタとかよく載せるようになりましたね~。(ASは前からよく載せてくれてましたが。)以前のトピのワンクラブ・マンの記事もそうですし、お読みになったかも知れませんが、こんなのもありました。
http://www.superdeporte.es/valencia/2011/08/15/brazalete-titulos/136073.html

ちびダビのことから始まるこのインタ、良かったです。ダビらしくって。やっぱり彼はカピタンだよね~って思います。あっでもお家ではしっかりママさん(に見える)のビセンさんがカピタンかな(笑)。バレンシア愛の強いダビさん、今シーズンはちびダビに州旗ユニとか買ってたりして(笑)。

>Mikiさん

思い出しました!
まだこのインタ全部訳してなかったんでした!

> Superもカピタンに戻ったダビ関連の記事とかインタとかよく載せるようになりましたね~。(ASは前からよく載せてくれてましたが。)以前のトピのワンクラブ・マンの記事もそうですし、お読みになったかも知れませんが、こんなのもありました。
> http://www.superdeporte.es/valencia/2011/08/15/brazalete-titulos/136073.html

読みましたよ~
スーペルはあの時、ダビたちのことをよく書かなかったですけどね。
それにコメントがいつもひどいものが多くて一時期読むのがつらかったです。
それに比べてAS&CadenaSerは彼らの味方!でしたよね。

多分アルベルダ家はダビの亭主関白に見えるけどその実ビセンさんがしっかり主導権を握っているってパターンかと。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。