スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Valencia】Adios a Mata! 

1313962548770_efe_20110625_234239.jpg

Sub21で優勝した時のマタの写真です。
この大会での活躍もさらに彼への評価を上げたのかもしれません。

2800万ユーロ、5年契約でのチェルシーへの移籍。
プレミアでもCLでもタイトルが狙えるクラブ。
一つ高いレベルへの挑戦なのでしょう。


マタがバレンシアにやって来たのは2007年の夏。
Sub20ワールドカップ、ベスト8で敗退後にサニーと一緒にやってきたのでした。

私のブログがYahooブログから移ってきたのとちょうど同じ時期でした。
だからとてもよく覚えています。

los17jul2007a-1_20110822234244.jpg

開幕からトップチームに入っていたマタでしたけど、キケはすぐに彼をレギュラーとしては使いませんでした。
キケにとってバレンシアの左サイドの一番の選択肢はビセンテでしたから。

まぁそのことはもういろいろ言われているので話題にしたくありません。
私には私の考えがありますけど。

1313959758838_enviofoto_20070811_160715_4.jpg


でも、マタがクーマンに与えられたチャンスを確実につかんだことは事実。
あのダビ、アングロ、サンティを戦力外にした後の12月の国王杯。
たしかイルンでの試合だったと思いますが、そこで彼はゴールを決めてチームに勝利をもたらしたのでした。
そこから、彼のバレンシアでの活躍が始まったのですね。


このシーズン、チームがカオス状態に陥っている中、若いマタは自分を成長させていきました。
そして国王杯優勝。
選手たちの力で勝ち取ったタイトルでした。
ただ、街に戻っても心から大喜びすることが出来なかったのは悔しかったですが。

1313960565531_enviofotografos_20080417_155102.jpg

この激動の一年目の後、順調に成長していったマタ。
代表に選ばれ、ワールドカップで優勝。
Sub21でも優勝。

もしかしたら来年はユーロとオリンピックと両方優勝?
なんて可能性もあります。

1313962149773_efe_20100712_002739.jpg


常に冷静で、知性を感じさせるマタ。
自分をコントロールすることができる彼なら、どこに行っても成功するでしょう。
プレミアでも彼は絶対大丈夫。
大金を稼いでもそれで自分を見失うことなどありえない。
バレンシアでは得られなかった大きなものをチェルシーで得られるよう、がんばって!

でも、、、バレンシアはいつでもあなたを歓迎します。
たとえバカンスを過ごすためだけにでも戻ってきてください。

1313962726475_enviofotografos_20110812_221334.jpg


Mata, muchisimas gracias.
Te agradecemos por todo lo que has hecho para el Valencia.

Tu gol del partido que yo vi en el Mestalla contra el Real Madrid, nunca lo olvidaré.
Gana algún éxito en tu nuevo club que no pueda ganar en el Valencia.
Amunt Mata!
Hasta siemple!!!

1313961723716_enviofotografos_20090830_212510.jpg


そしてみんないなくなった…

1313959758838_enviofoto_20071026_165504_5.jpg

スポンサーサイト

Comments

マタの移籍、今シーズンは無いかと思っていたのですが。。でも一郎さんメルマガのアルベルトさんのインタとか読んでると、実はもう規定路線っぽかったんですよね~、甘かったか!

彼とキケの事はいろいろ言われてますが、あの時はケガに苦しんでいたとはいえビセンテ、シルバ、ガビランがいましたからね。

それにしても、マタまでか~と寂しいです。ピッチ外でも知的で(目を見ればわかりますよね~)日本文学を愛する好青年でしたからね~。ピッチ内では第二カピタンになり、そしてチームの攻撃の中心でもあったし。

でも彼ならプレミアでも絶対成功できるはず、って思ってたら、いきなり移籍後初戦で得点決めましたね!TVの前で思わず拍手喝采しちゃいました。個人的にはシルバよりもプレミアのサッカーへの適応には苦労しないんじゃないかと思っています。(まぁシルバも今では、チームの柱、攻撃面ではシルバのマンCと言ってもいい存在になってますが。思いっきり未練が残っていて、喜びの反面ちょっと寂しさもありますが。。)

>Mikiさん

私もマタは早く適応できると思っています。
英語を苦にしないだろうというのが一番の理由かな。

キケのことは…まぁ10試合で解任されて、その間もマタは使っていましたからね。
それにキケはバレンシア出身とかカンテラーノとかを重用する傾向があったから。

私はマンCのシルバをみてもあまり懐かしさとかは感じないんですよね。
バルセロナのビージャを見ても同じ。
うーん、なんでだろう。これがうまくいっていないならまた違っていたのでしょうけど、二人とも今のところタイトルをとったり、チームの中心になったりでうまくいってますからね。

一番心配なのはアルビオル。
使わないなら出せ!返せ!と言いたいです。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。