【Valencia】Rueda de Prensa de David Albelda 2011/9/15 

albelda15septiembre.jpg


クリスティアーノ・ロナウドのCL試合後のコメントが話題になっていますね。
「俺がブーイングされるのは俺がかっこよくて、金持ちだからさ。妬んでいるんだ。」
ってやつですね。

それをいろいろなクラブの記者会見に登場した選手たちに聞くのもどうかと思いますが、
バレンシアでもそれをやった記者さんがいたんですね。
この日のバレンシアの記者会見はダビ。

というわけでこんな答えが返ってきたわけです。
「クリスティアーノがカッコいいかなんてことに一分でも時間を使うと思うか?」

相変わらずの調子で。
こちらがうれしくなってしまいました。


そのほかのダビ記者会見内容です。(ASから)


「選手の名前や、在籍しているチームによって特別に守られるべきではないと思う。
 危険なプレーは根絶するべきだなのだ。」

CLについて:
「何もあきらめていないよ。バレンシアはチェルシーにホームで勝つだけの力を持っている。
 確かに勝ちたかった。でもだからといって我々がグループリーグで敗退するとは言えない。
 まだまだ始まったばかりだ。修正の余地はある。
 マスメディアは悲観的な意見が多いが、私は楽観的な考え方を持つ方が好きだ。」

ゲンク戦について:
「5,6回あったチャンスのうち一回でも入っていたら、すべてが変わっていただろうね。
 システムに関して議論されるきっかけになり、監督はやる気に満ちているよ。」

この試合の招集メンバから外れ、観客席から試合を見たことについて:
「そりゃ試合に出たいよ。
 でもバレンシアはチーム内に激しい競争があるんだ。
 調子はよかったけど、監督が決めたことだ。」

ローテーションについて:
「どの選手を使うか、どのシステムを使うかを決めるのは監督だ。
 ウナイはこの数年とても良い仕事をしている。
 我々は2年連続でCLに出場している。
 結果が良いものなのだから、チームにとってローテーションを採用することは良いことなのだろう。」


彼自身について:
「監督が自由に使えるような状態でいること。
 それは監督の判断でプレーできない時でもだ。
 僕は練習を一日も休んだことはない。とても良い状態で準備万端だよ。
 トパルは怪我をしてしまったが、中盤には多くの選手がいる。」

ミゲルが残ったことについて:
「クラブの決断だ。監督も同意している。
 選手たちはそれを支持するだけだ。
 ミゲルが良い状態なら、チームにとってとても大切な選手だ」
「チームは彼に普通に接している。
 僕はミゲルを全面的に信頼している。彼は今とても良いコンディションだよ。」

レアルやバルサとの経営面の差に関して:
「バレンシアや他のクラブにとっては彼らより上に行くのはとても難しい状況だ。
 なぜならバレンシアがリーガで優勝した当時よりも2つのクラブとの格差は大きく広がっているからね。」
「彼らのことをあまり気にしないことが一番だ。
 我々は勝利を積み重ねていかなければならない。そして良いプレーをすることだ。
 彼らより上に行くのは至難の業だ。」



(para mi)クリスティアーノ君よりダビ。
 
albeldados15septiembre.jpg

albeldauno15septiembre.jpg
 
スポンサーサイト

Comments

クリスチアーノのコメントに対するダビの答え、彼らしいな~と思わず私もニヤッとしちゃいました☆

どこかの記事で読んだんですが、その後、CR7とダビのどちらがグアポかと聞かれたら、99%は前者でダビと答えるのは1%だろう、なんて冗談めかしていってたそうですが、私もSetsukoさんと同じで、もちろんダビさんですよ!

>Mikiさん

> どこかの記事で読んだんですが、その後、CR7とダビのどちらがグアポかと聞かれたら、99%は前者でダビと答えるのは1%だろう、なんて冗談めかしていってたそうですが、私もSetsukoさんと同じで、もちろんダビさんですよ!

あ、そういえばそこまで載っていたのもありましたね。99%はないですよねぇ。
今のバレンシアで一番カッコいいのはダビだと思っていますし…
対抗できそうな選手もそんないないですよねぇ。
あ、それは私だけ勝手にそう思っている?


Comment Post















管理者にだけ表示を許可する