【Valencia】Sevilla × Valencia 

LIGA BBVA Jornada 6
Sevilla 1 - Valencia 0



1316888100226_enviofotografos_20110924_191444.jpg


今シーズン最低の試合、というのが各紙の評価。
ま、初めても負けですからそういわれて当然だと思いますが。

特に前半はひどかった。
ほとんどチャンスを作れず。
悪い形でボールを失って、セビージャのナバス、ペロッティの二人にチャンスを山ほど作られてました。
セビージャのこの二人をあれだけ自由にさせちゃダメ。
セビージャの先制ゴールもナバス→カヌーテできめられてしまいましたから。
どうも昨日はマテューの位置がMFでDFはビクトル・ルイス、ラミ、ブルーノの3人でやっていたような。。。
なんだかバレンシア戦のバルセロナを見ているような気がしてしまいました。

後半はブルーノをバラガンに替えてスタート。
56分にセビージャのトロホウスキが退場させられるまではやっぱりあまり効果的な攻めはできず。
数的優位にたってから多少責められるようになりましたが、67分アドゥリスが得たPKをバネガが失敗。
同点に追いつくチャンスを逃してしまいました。
でもこの時のプレーでセビージャのDFエスクデが退場。9対11と二人多い状況になったのですが…

この後、71分にアドゥリスがセビージャのSpahicの足を踏みつけて2枚目のイエローをもらい退場。
バレンシアにも退場者がでたことでサンチェス・ピスファンはがぜん勢いを取り戻してしまいました。
セビージャは本当に苦しそうでした。
でもハビ・バラスのパラドンなどもあり、最後までバレンシアはゴールを割ることができず。
結局1-0での敗戦となりました。


1316888100226_enviofotografos_20110924_191729.jpg

会長、渋い顔でしたねぇ。
映るたびに苦虫をかみつぶしたような顔してました。
前節のバルサ戦が良い内容だっただけにかなり期待していたんでしょう。


サンチェス・ピスファンのセビージャ戦と言えば、ドブレテの時、リーガ優勝を決めた試合が真っ先に思い出されます。
でもそれ以外はあまり良い試合、ないんですよねぇ…
キケが解任されたのもセビージャ戦直後でしたし、シルバがレッドもらって退場したのもそうでした。
昨年もトパルさんが退場させられて、結局2-0で負け。
どうも後味の悪い負け方をする事が多いのです。

それはきっと相手がセビージャという、CL圏内を争う直接のライバルだということもあるのでしょうが、それ以上にバレンシア側にやりにくさというか苦手意識見たいのがある気がします。
そういえば昨シーズンはメスタージャでも勝てなかったし。

それに昨シーズンはイトゥラルデさん、今年はムニョスさんと審判もあまり恵まれていないのもありますかねぇ。
来年はリーガ名物の審判さんじゃない方にお願いしたいなぁ。



Marcelino y Unai

1316888100226_enviofotografos_20110924_191458.jpg

ウナイさんとマルセリーノ。
因縁の対決です。

ウナイさんと契約する前、バレンシアは一度はマルセリーノと合意に至ったんですからね。
マルセリーノはビージャやシルバを売却するかも、というクラブの意向に納得できず、合意を破棄。
そのあとクラブはウナイさんと契約しました。

この試合はホームということもあってマルセリーノの方が勝ちを強く意識していたかな。

試合後の二人の記者会見から:
まずはマルセリーノ

「我々はチームと選手たちと、そのプレーぶりを誇りに思わなければならない。
 今日のようなプレーをこれからもやっていければ良いと思う。
 このスタジアムで勝ち点を奪うことはなかなかできない。
 それはマラガでも、レアルでも、バレンシアでも11対11で戦っているときはチャンスを作ることはなかなかできない。
 チームは全員で戦い、守備面ではとても素晴らしいところを見せた。
 そしてその時、ファンはチームを支えてくれた。」


ウナイさん:

「セビージャは勝利にふさわしかった。
 我々は3センターのシステムを二人のFWに対して使った。
 これはとても危険だった。
 前半の問題はボールを失いすぎたことだ。
 我々は不適切だった。
 多くのボールを失い、そのうちの一回をセビージャにそれをうまく利用された。
 我々は本当に悪かった。
 後半は思っていた通りのプレーができるようになり、相手の退場とペナルティーを得ることができた。
 残り30分という時間と、ペナルティを失敗してしまったことで、守りきることをができるセビージャの方が有利になった。」




Sevilla FC: Javi Varas; Martín Cáceres, Spahic, Escudé, Fernando Navarro; Jesús Navas, Medel, Trochowski, Perotti (Coke, m.70); Kanouté (Rakitic, m.58) y Negredo (Del Moral, m.80).


Valencia CF: Guaita; Bruno (Barragán, m.46), Rami, Maduro, Víctor Ruiz (Soldado, m.71), Mathieu; Tino Costa, Éver Banega, Jonas; Piatti (Canales, m.63) y Aduriz.


Gol: 1-0, M.18: Kanouté.


Árbitro: César Muñiz Fernández (Comité Asturiano). Expulsó por doble tarjeta amarilla al sevillista Trochowski, quien las vio las vio en los minutos 47 y 56, y con roja directa a Escudé en el minuto 67 por hacer penalti siendo el último defensor. También se fue expulsado el valencianista Aduriz en el 71 por agredir a un contrario. Además, amonestó a los visitantes Tino Costa (m.24), Adúriz (m.60) y Rami (m.95) y a los locales Spahic (m.71) y Rakitic (m.85).


Incidencias: Partido disputado en el estadio Ramón Sánchez Pizjuán ante unos 35.000 espectadores. Terreno de juego en buenas condiciones.
 


Capitan Guaita



1316888100226_enviofotografos_20110924_192001.jpg

このブルーノの恰好がおかしくて載せたのではなくて、、、グアイタがブラサレットを付けたのです!
ダビ、ソルダードが先発から外れたので彼に回ってきたのですね。
うれしかったでしょうねぇ。
でもグアイタだからな…「別に?なんで?」とか言いそうな気もする。

Nueva Imagen de Banega

1316888100226_enviofotografos_20110924_191919.jpg

髪を切ってすっきり。
なんだかかわいらしくなってしまったバネガでした。
PK失敗は痛かった!
でも昨日も彼のプレーは良かったと思います。

スポンサーサイト

Comments

ネットでLIVEで見てたときは映像も悪くて眠くてボーっとしながらも、あーやられっぱなしと思ってました。改めてWOWOWの放送見直してもやっぱり攻められまくってましたね。

3バック、サイドやられまくりって、まさにバルサ戦のバルサ状態!?
ローテーションしたり、疲れもあったかもしれませんが、数的アドバンテージもありましたし、勝てなくてもせめて引き分けたい試合でしたね。

バネガ、髪を切ってツキを落としたんじゃないことを願います!まぁPK失敗は誰にでもあるので、あれは仕方ないか。そういえば、マタの後のPKキッカーって彼になるんでしょうか!?どうなるのかな。。

せっかくグアイタがブラサレットをつけたのに、この結果。でも彼自身は良かったですよネ!ところで、第四カピタンって決まってないんですよね??置かないのかな。リカルド・コスタが今の状態で、ダビとソルダードがいなかったら、パブロかグアイタ何でしょうね、きっと。

>Mikiさん

3バック、、、時々ウナイさんは試しますよねぇ。
昨シーズン、ビジャレアルやアトレティコ相手に良い結果だったから、、、なんて言ってましたが。
アトレティコには結構苦しんで勝った記憶があるんですけどねぇ。。。

第4カピタンは決めてないですよね。
だからグアイタ、なのかなぁ。この試合はパブロもいませんでしたしね。
どうもパブロもグアイタもカピタンと呼ぶにはまだまだ頼りなさ過ぎて…
まぁ他にいないのですけどねぇ。
来年になったらラミさんあたりがいきなりカピタンだったりする気もしますね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する