スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Selección Española】Inglaterra × España 

AMISTOSO
Inglaterra 1 - España 0



_1RS9854_1.jpg


まずは、イケル、代表126試合出場おめでとう!
これは同じGKのスビサレッタさんに並ぶ記録です。
30歳のイケル、まだまだ記録は伸びそうです。
というか、、、デ・ヘアの出番はまだまだ先、かな…(ついでですが、彼も今Sub21のカピタンです)

で、肝心の試合ですが…

1321129256_extras_albumes_0.jpg


Una derrota por accidente「偶然の敗戦」
(ASの見出し)
なんてのんきなことを言っていてよいのか?という敗戦だった気がします。

正直、ユーロ大丈夫ですかね…
だいたいほぼいつも決まったメンバーで決まった戦い方をしていれば、カペッロほどの監督なら対策を考えるのは容易だったでしょう。
今のスペインにはその策を打ち破るほどの勢いははっきり言ってないと思います。
それはビージャ、トーレスに以前の爆発力がないから。

これが逆にソルダード、ジョレンテ、ネグレド(怪我だったけど)だったらまた違う怖さがあったかもしれないですけどね。


ビージャにもキレがない、トーレスは走る気があるのか?ってぐらい情けない状態。
トーレスはもしかして怪我が怖いのでしょうか。やる気が全く感じられなかったですが。
最後の方は彼の姿を見るのが逆に忍びないというか、、、こんなに何もできない状態で出されても自分で嫌になってしまうのではないかと心配になりました。

ビージャは… もうずっと私は心配で仕方がないのです。
バルサでの彼には笑顔が少なすぎるから。

一月にどこかに移籍できないでしょうか。
やっぱり彼はゴールを決めてこそ、なのです。悶々としているのだろう、というのが表情からもわかります。

今のバルサにいても彼は輝けない。もうCLもリーガも獲ったのだから今度は個人のタイトル、ピチチを狙うために少なくても今シーズン終了後には移籍してほしいです。
チームの勝利に彼のゴールが欠かせない、というチームに。
ヒホンでもサラゴサでも、もちろんバレンシアでもいいですから!


_1RS9722_1.jpg

私がこの試合で一番よかった、と思ったのはセルっち。
モウリーニョやデル・ボスケがCBで使いたくなる気持ちが良くわかりました。
ただ彼のいない右SBは迫力半減。
やっぱりアルベロアでは物足りない。
この試合では相手のゴールにつながったFKは彼がボールを奪われたところからでしたし。
中盤の選手たちとの連携や、攻撃に出るタイミングなどやっぱりセルっちは絶妙でしたから。
(時々やりすぎのときもありましたけどね)

セルっちはやっぱり右で出てほしい。
その分ピケの相手を早く見つけること、それが急務なのではないでしょうか。
もちろんユーロではプジョールがいますが、その次も考えてとにかく早く次を見つけましょう!
ドミンゲスでもビクトル・ルイスでもボティアでもいいですから!

_1RS0237_1.jpg

前回の代表招集時はイニエスタがいなかったので「6」だったジョルディーですが、今回は「18」でした。

ジョルディに左サイドバックは、アルベロアより良かったかも。
今の代表の形にあっているのかな。
この試合では攻撃面だけでなく守備面でもよかったですからね。
これは代表定着、となるかも!ですね~
バレンシアファンとしてはとっても嬉しい!
ウナイさん、ジョルディをSBとしてもっと使ってください!!!


_2RS4689_1.jpg

すっかりレギュラー定着、となったシルバ。
前半だけの出場でした。

しかしまぁ彼とイニエスタがボールをもったときのイングランドのDF!
3人ぐらいがわーっと寄ってきて、全く自由を与えてくれませんでした。
それでも、彼らは狭いところを抜けていくのですよねぇ。あの技術は本当に感嘆です。
チャビ、ビージャ、それに後半出てきたマタ、カソルラ、セスク。
みんなうまい!(そして小さい)

これだけの選手たちがいるのだから、ユーロの失敗は絶対ゆるされないですよ、デル・ボスケさん。

ワールドカップ以降の親善試合の戦績はただ単に選手たちのやる気の問題だけではない、と思います。
つまりモチベーションを与え切れていない監督に問題がある。
代表定着を狙うジョルディのような選手をもっともっと使って活性化していくのも一つの手だったでしょう。
親善試合は守りに入る必要は全くないのですからね。
今からでもよいからもっとチャレンジの場にしてほしいです。

ファンも新しい選手を見るのはとても楽しい。
新しいといっても出てくる選手はSub21やリーガでおなじみの選手たち。
そんな選手たちが今の代表でどこまでやれるか、期待を込めて見られるのですから。

たぶん親善試合ももうあまりないと思いますが、残り数か月を有効に活かしてほしいものです。

El Paisの写真集:El Inglaterra-España, en imágenes
El Mundoの写真集:Inglaterra - España



Inglaterra: Hart; Glen Johnson, Jagielka, Jones (Rodwell, m. 57), Cole; Parker (Walker, m. 85), Lescott, Milner (Adam Johnson, m. 76), Walcott, Lampard (Barry, m.5 7); y Bent (Welbeck, m. 64).


España: Casillas (Reina, m. 46); Arbeloa, Sergio Ramos (Puyol, m.74), Piqué, Jordi Alba; Busquets (Fernando Torres, m. 64), Xabi Alonso; Xavi (Cesc, m. 46), Iniesta (Cazorla, m.74), Silva (Mata, m. 46) y Villa.

Principal_1.jpg



Goles: 1-0, m. 49: Lampard.


Árbitro: Frank De Bleeckere (BEL). Amonestó a Sergio Ramos (59') y Cesc (61'), por España, y a Milner (41'), por Inglaterra.


Incidencias: Encuentro amistoso disputado en Wembley, ante 87.189 espectadores. Inglaterra y España lucieron brazaletes negros y guardaron un minuto de silencio por el "Día del Recuerdo", en honor de todos los soldados británicos fallecidos desde la Primera Guerra Mundial.
スポンサーサイト

Comments

イケルもすっかりベテラン。でもGKだし、まだまだこれから記録を伸ばしてくれそうです。おめでとー!!

親善試合だから、勝利に(少なくとも引き分けに)値した試合、とはいえやっぱり勝って欲しかったです!
別に手を抜いてるとかいうことではないのでしょうが、何だか親善試合に勝てないスペインになってきちゃってますね~。(勝ってる試合もありますが・・・。)

セルッチ、確かにCBでも遜色なくこなしてますが、やっぱり彼の怖いぐらい(笑)の大胆な攻め上がりは超魅力的!私も右SBで見たいです。アルベロアだとちょっと物足りなくて。
CBはドミンゲスとかビクトル・ルイスをぜひ試してもらいたいんですけどね!!

ジョルディは十分及第点だと思います!(モンレアルには申し訳ないですが・・・。)

過去&現在プレミアでプレー経験のある選手が全員登場したのは、やっぱり意図的なことかな~なんて思いながら見てました。
そういえば、FAのサイトでこんな動画がありました。シルバやマタ、しっかりチームメートとユニ交換してます。
http://www.thefa.com/video/England/Mens-Seniors/2011/Spain/Tunnelcam---Spain

次は確か3月にまた親善試合があるんでしたっけね!?新しい選手、見てみたいです!

>Mikiさん

ビデオ、ありがとうございました。
シルバもマタもユニ交換してましたね。

> 次は確か3月にまた親善試合があるんでしたっけね!?新しい選手、見てみたいです!

RFEFのインタ記事をよむと、今回の親善試合が最後って書いてあるのですが、たぶん2月か3月にあるともうのですよね。
ダビが行かれなかったユーロの時もフランスとの親善試合が2月ぐらいにありましたし。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。