Albelda le aconseja que no se precipite 

ダビ、やっぱりビージャにメッセージを送っていました。

多分ダビのことだからこの最悪の知らせを聞いてすぐに何かしたろうな、とは思っていました。
そのメッセージの中でアルベルダはビージャに「急ぐな」と忠告したそうです。急いでまた同じところを怪我したりすることもありますからね。
がんばれ、という言葉とともに送った、彼らしい忠告だと思います。

スーペルの記事から。
昨日のDanoneヨーグルトのイベント会場でのインタビューで聞かれていたのですね。

バレンシアのキャプテンはビージャに励ましのメッセージを送った。そして体調に気を付けろ、と忠告した。

バレンシアのキャプテン、ダビ・アルベルダは彼の元チームメイトであるビージャに励ましのメッセージを送った。
ビージャは左足の脛骨を骨折してしまったが、アルベルダはビージャに体調に気を付け、リハビリを急いではいけないと忠告した。


バレンシアの街中にあるヨーグルトショップのプロモーションイベントでのインタビューで、
「とても悲しいことが起こってしまった。非常に痛ましい。しかし僕たちは彼を励まさなくてはいけない。」
と、5年間バレンシアで一緒にプレーをしたバルセロナのビージャの怪我について語った。

また、ビージャの怪我によってチームメイトであるロベルト・ソルダードが代表に選ばれる可能性がでてきたのでは?と聞かれたアルベルダは、ソルダードが代表に入るべき選手である、というのはビージャの怪我には関係ないと断言した。

「ソルダードは常に代表に入れる選手だよ。誰の代わりでもないよ。」

そしてチームの最近の結果はあまり芳しくないが状態は良いと話した。
「少し落ち着くべきだよ。まだ先は長い。だから僕たちはプレッシャーなんて感じていないよ」

34歳であるバレンシアのキャプテンは、精神的にとてもよい状態であり、
「2度目の青春じゃないよ。4回目か5回目だ。“憎まれっ子世にはばかる”だね。」
と語った。

2年後に完成する新しいスタジアムでプレーすることと考えているか?と聞かれて、
「僕は良い状態だよ。若いと感じているし、このヨーグルトを食べれば10年から15年もっと長くプレーできるよ。」
と冗談を言った。

さらに「そのスタジアムで、だけじゃなく、そのスタジアムが古くなった時に作る次のスタジアムでもプレーできるさ!」と周りを笑わせていた。



インタビューの様子
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する