スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Valencia】Valencia × R・Sociedad 

Liga BBVA. Jornada 19.
Valencia 0 - Real Sociedad 1



1326586052292_enviofotografos_20120115_004028_20120117234047.jpg


ダメダメのバレンシアでした…

出場時間が少ない選手たちを使って、選手の底上げをしたかったウナイさんとしては、策が裏目に出てしまったというところでしょうか。
試合後
「新鮮さもなければ、輝きも、活力もない!」
「我々はひどい試合をしてしまった。最初の15分を除いて活気がなく、鈍重だった。」
とかなりのお怒り。

国王杯でセビージャに勝ってホッとしてしまった?
でもそうならないように、パレホやらアドゥリスやらパブロやらを先発させたのですよねぇ…
うーん…

私個人としてもとても残念でした。

1326586052292_enviofotografos_20120115_005031_20120117234047.jpg


El duroはジョルディ。
出場したとたんにイエローもらってましたしね…
Vaya Diaはパレホ。
交代する時には観客席からもブーイングも聞かれたとか…
どうもうまくいかないですねぇ。


逆にソシエダは国王杯で6-1の大敗。
それもファーストレグは2-0で勝っていて、さらにセカンドレグも最初に先制点を入れたのに
そこからマジョルカに6点獲られて国王杯敗退。
これはショックですよね。
でもこの試合のソシエダは別のチームのようにアグレッシブだったし、守備も良かった。
とても6-1で負けるようなチームには見えませんでした。
気持ちの問題?なのでしょうか。
こういう試合を見ると、サッカーってやっぱりメンタルのスポーツなのだな、とあらためて思います。


考えてみれば、年が明けてからバレンシアはあまり良い試合をしているとは言えません。
国王杯ファーストレグは1-0でセビージャに勝ったものの、バレンシア州ダービーは2点取られてようやっと追いついて2-2。
国王杯セカンドレグは2-1で敗戦。
そしてこの試合、メスタージャで0-1の負け。

1勝2敗1分け。
今週、ミッドウィークに行われるレバンテとの国王杯準々決勝、かなり心配です…


VALENCIA: Diego Alves; Bruno, Rami, Dealbert, Mathieu (Jordi Alba, min.53); Topal, Banega, Parejo (Jonas, min.64), Feghouli (Paco Alcacer, min.70), Pablo Hern醇@ndez, Aduriz.

ダビは招集外、ソルダードは累積でいなかったのでカピタンはパブロでした。
1326586052292_enviofotografos_20120115_004118_20120117234047.jpg


REAL SOCIEDAD: Bravo; Estrada, Demidov, Mikel Gonz醇@lez, Cadamuro; Elustondo, Aranburu (Mariga, min.80), Prieto, Griezmann (Carlos Mart醇^nez, min.92) y Agirretxe (Vela, min.68).


GOL: 0 - 1, min.55, Griezmann.


遵欒BITRO: Estrada Fern醇@ndez (Colegio catal醇@n). Amonest醇p con cartulina amarilla a Jordi Alba (min.54)


ESTADIO: Mestalla.

nenes-12-1-2012_20120117234047.jpg

神戸にある日本のバレンシアのサッカースクールの子供たちがこの試合を観戦。
また試合に先立ってパテルナを訪問。
選手の練習をみたり、サインをもらったりできたみたいです。


監督さん、かなり緊張していますねぇ。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。