スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

La entrevista a Moro 

でました~ モーロのインタビュ。
イチローさんのメルマガに載ってました。

モーロは、ウラカン・バレンシアのカンテラ(cadete)の臨時コーチという立場で週に数回、グラウンドにたっているのだそうです。(すみません、以前の記事では監督、となっていたと思ったんですが…)

まだ指導者ライセンスの取得中(多分一番レベルの高いものなのではないかな)ということなので、教育実習みたいなものでしょうかねぇ。

しかし、ウラカン・バレンシアは歴史も実績もないクラブ。
きっと子供たちはびっくりでしょうね。
私が保護者ならモーロが来る日に合わせて練習身に行っちゃうなぁ。

イチローさんのメルマガに載っていた内容はメルマガ限定。、
レアル・マドリーというクラブについて、今シーズン注目のマラガについて、そしてバレンシアについてなど、話してくれています。

バレンシアについての部分、私は質問の内容にも深くうなずいてしまったのです。
「ビッグクラブに勝てない。バルサにも善戦しても勝てない。レアルには勝てる気配もない。」
国王杯で見事にやられた後だったから、もうこれだけで深くうなずいてました。

私もウナイさんは良くやっていると思います。
代表クラスが毎シーズンいなくなっても3位を確保しているのは彼の努力があってこそ、と思います。
ただ、、、その中でどうしても「emocional」な試合がないのです。
守って守って守り通してもいいからレアルやバルサに一回でも勝っていたら。
昨シーズンのCL、シャルケ戦で勝って先に進んでいてくれたら。
今シーズン、調子の上がらないチェルシー相手の試合でグループリーグ突破を決めていてくれたら。

そういうところが物足りないのですよね…
一つでもあれば違うんだけど。
モーロもこんな風に言ってます。
「チャンピオンズリーグでの戦い方や結果にはもう少し注文をつけていい気がしている。」

このモーロのインタビューは「欧州サッカー批評 issue5」に載るインタビューのおまけ部分なのだそう。
本当の?インタビューは2月14日発売の「欧州サッカー批評 issue5」に掲載されるそうです。
皆様、是非そちらも立ち読み、いえ、できれば買って、読みましょう!



あと、、、イチローさんが本を出されました。
「サッカー選手の正しい売り方
 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ」
です。
こちらも是非!

サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ [単行本(ソフトカバー)]

スポンサーサイト

Comments

モーロインタ、写真も含めて堪能しました。イチローさんに感謝感謝ですねぇ。

インタ内でも触れられてた、Marcaに載ったウラカン(主にモーロ)の記事ですが、ウラカンのHPでもマドリーでもなくバルサでもなく、うちのクラブがMarcaで取り上げられたんだよって紹介されてたのが微笑ましかったです。

CL男のモーロだけに、CLでの戦いには物申したいところも一塩なんでしょうね。実際GL突破のチャンスも十分にあったわけですからね。

これからも解説とコーチの二束のわらじ(+時々OBチームで選手もしてますが)で活躍するモーロを楽しみに追いたいと思います!

>Mikiさん

モーロ、さわやかでしたね。
今日(2月14日)にインタの載ったサッカー批評が発売ですね。
まだ見てませんが、みたら買いたくなっちゃうかな~


Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。