スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【David Albelda】Apadrina a la AVAPACE 

emotivos momentos





AVAPACECINCO13MARZO.jpg

3月13日、ダビは「AVAPACE(la Asociaciòn Valenciana de Ayuda a la Paràlisis Cerebral) バレンシア脳性麻痺患者支援協会」を訪れました。
この協会はすでに40年にわたり、脳性麻痺患者とその家族の生活の改善を進め、個人的な成長を支えています。

今回ダビがこの協会の新しい後援者となったのを機会に、バレンシアのマーケティングディレクター、ダミア・ビダガニィとともにセンターを訪問しました。

AVAPACEDOCE13MARZO.jpg

ここでダビはとても感動的な時を過ごしたみたいです。
ここで過ごしている人たちの活動を一緒に楽しんだり、子供たちの作った小さいfalla(火祭りのお人形)をみたり、皆さんとたくさんの写真を撮ったり。

オフィシャルアップされていたビデオを見ているだけで私にもその感動が伝わってきました。


AVAPACENUEVE13MARZO.jpg

まず彼を迎えたのは子供たちが作ったかわいらしい壁画。
ここには”DAVID, BENVINGUT A TA CASA"と書かれています。
多分バレンシア語で”あなたの家にようこそ(つまり、お帰りダビ)!”ってことではないかな。

ここには小さな子供たちもたくさんいるみたいで、ダビはその子たちとも写真をとったりしていました。

AVAPACETRES13MARZO.jpg


バレンシアはクラブとしてこの機関を支援することにしたようで、来週、今度は彼らがパテルナを訪れるそうです。
毎年ダウン症の子供たちとのコラボレーションで作られるカレンダーもとってもよいことだと思いますが、今回のこの支援もとてもステキ。

この前の日本へのメッセージといい、この活動といい、バレンシアなかなかやるじゃないですか。
うれしい、ですね。

AVAPACESEIS13MARZO.jpg

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。