スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

La palabra de Mata 

バレンシアで、スペイン代表で。マタはビージャとともに過ごしてきました。
同じアストゥリア地方出身。
ビージャはマタをとてもかわいがっていたし、マタもビージャを追って彼の背中をみて育っていきました。

ビージャがユーロの行かない、という決断をする少し前、または
「ビージャを待つべき。彼はそれに値する選手だ」
という発言をしていたのですよね。


かなりショックを受けているんでしょうね。
でも彼の言葉は力強い。
ユーロでは誰かがゴールを決めるたび背番号「7」を思い出すのかな~。
これだけ思われるのもビージャだからでしょうね。

マタの言葉:
「僕にとっても、スペインにとってもグアヘがいないのはとてもつらく、悲しいことだ。
 彼は僕らにたくさんのゴールを与えてくれた。5か月間つらいリハビリをしてきた。
 彼の決断を尊びたい。素晴らしい心遣いだと思う。

 僕らはビージャのために勝利を目指す。
 すべてのゴールを彼に捧げるよ。」

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。