スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【David Albelda】Ya piensa en la temporada. 

¿Sigue siendo el caìtán?



2012-06-18_IMG_2012-06-18_17-54-35_ex9109~1


アメリカツアーから帰ってきて、すでにバカンスを楽しんでいるバレンシアの選手たちですが、
バレンシア出身のダビやグアイタは時々イベントに駆り出されています。


今回ダビは日曜日にAlboraiaで行われた「Danone Nations Cup」に出席しました。
ダビはこの大会のLevante地区の大会の後援者になっています。
「(この大会は)小さい子供たちがスポーツ的な教育を受けるのにとても良い機会だね。」
と考えているのだそうです。

この大会は世界的に行われている12歳の大会。(日本のオフィシャルページ
ambassadorには多くの有名選手の名前も見られます。

この大会の勝者はKelmeFC。
彼らは7月6,7,8日にマドリッドのラス・ロサスで行われる全国大会に出場します。
ダビは行きたいみたいですが
「行きたいんだけどね、プレシーズンが始まっているからなぁ。
 この大会は子供たちがサッカーを楽しみ、勝敗以上の何かを学ぶとても良い機会だからね」
と言ったそうですが、、、ダビ、プレシーズンは7月9日からって書いてあるよ。行ってあげてよ!

また父親としてこんなことも考えているそうです。
「アルベルダはDanone Cupのような大会を通じて学べること、スポーツマンシップ、フェアプレー、
 敗北を受け入れることなどはpequeño Davidに教えたい重要な価値あることだと認めた」


ペジェグリーノ新監督とは
「僕はペジェグリーノと仕事がしたい。まだ彼とは話をしていない。
 僕たちは同じチームの仲間だったが、監督と選手と言う関係になりたい」
のだそう。
ダビは今シーズンももちろんカピタン、なんですよねぇ。
ぺじぇさんの意向にもよるでしょうけど。
でも、ほかにいないか。

 
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。