【Selección Española:Sub19】España, campeona de Europa 

EUROPEO SUB-19
ESPAÑA 1 - GRECIA 0




1342377312_0.jpg
Felicidades a la sub19


Sub19スペイン代表、優勝しました!
これでフル代表とのドブレテです!
素晴らしい!!!

さらに、Sub19は昨年のユーロも優勝しているのでその意味でもドブレテです。
さらにさらに、今回3位以上に入れたので、来年トルコで行われるSub20ワールドカップへの出場権も獲得できました。
残念なことに14日に行われた女子のSub19ユーロでは優勝をのがしてしまい(スウェーデンに延長戦の末、0-1で敗戦)、男女そろってという意味のドブレテ、はできませんでした。



しかしスペインのこの世代はすごいです。
Sub19のユーロができたのが2002年。
その年にドイツに勝って優勝してから、2004(×トルコ)、2006(×スコットランド)、2007(×ギリシャ)、2011(×チェコ)と5回優勝。今回が6回目の優勝になります。


スコアは1-0ですが、試合内容ではギリシャを圧倒。
と、思います。
スペインのメディアでは「この世代も素晴らしい」とほめまくりです。

でも私は正直このチームはまだまだ力が足りないなぁと感じました。

ボールを保持することもそれほどできないし、精度は悪い。
たしかにそれはSub19なんだから仕方ないだろう、と思います。
でも昨年のSub19と比べても落ちる気がするのですよねぇ。

特にゴール前での連携。
この試合もデウロフェウ、ヘセーの二人はなかなか周りを活かせない。
自分で持ち込んでシュートを決める、というプレーが多い。
パコを活かすこと、なんて全く頭になかったのです、二人には。(少なくとも私にはそう見えました)

チームとしても確かに大人の代表チームと同じことをしたいのかもしれないけど、なかなか技術も伴わなし、あそこまでチームを作る準備期間もなかった、という感じでした。
結局個人のプレーに頼るところが大きかった気がします。


ただ、やっぱりこれからが期待できるタレントはすごく抱負。
デウロフェウやヘセー、パコは別にしても本当に有望な選手たちがたくさんいます。

怪我をしてしまったけど、アトレティコのマンキージョ、サウール。それに決勝戦で良いプレーを見せていたオリベル。
左右のサイドバックのグリマルド(バルセロナ)、ジョニ・カストロ(セルタ)。
(グリマルド君はなんと16歳。ついに出ました、娘と同じ年の選手です)

それにすでにトップチームでも活躍しているセビージャのカンパーニャ。

まだまだ線が細く体ができていない選手が多いですが、きっとこの中から次のSub21の入ってくる選手などが出てくるのでしょうね。


Jesé, máximo goleador

Jese_disputa_balon.jpg

2大会連続でレアル・マドリー・カスティージョの選手が大会ピチチになりました。
昨年はモラタでしたねぇ。モラタ、かわいかったなぁ。
あ、決してヘセー君がかわいくない、と言っているわけではないです。好みの問題ですからね、これは。

ヘセーは大会MVPにも選ばれました。
「すごく満足しているよ。
 ヨーロッパの大会に出るってことがすでに挑戦だった。その上優勝して帰国できるんだからね。
 この大会での自分自身にも満足しているけど、僕を助けてくれたチームの仲間にすごく感謝しているよ。」
「僕らのプレースタイルはフル代表のものにとても似ている。(???です、私は)
 でもフル代表のようにプレーするのはとても難しいんだ。彼らは成熟しているし、みんなクラックだ。
 新しく入ってきてもすぐにそのプレーに適応できる。」
「僕のチームはレアル・マドリー・カスティージョだ。
 今シーズンは2部に上がったから新たな挑戦ができる。
 モウリーニョはカンテラに良い選手がいて、必要な時にいつでも使うことができることをちゃんと知っているよ。」


Palabra de feliciatción

優勝したSub19の選手たちに対し、ユーロを制したフル代表のメンバーや、オリンピック代表選手たちから多くのお祝いのことばが贈られています。
今は便利ですよねぇ、みんなTwitterですから。
ちょっと前は電話、その次はメール、でしたけどね。

ピケ、アルベロア、セスク、ファンフラン、マタ、ハビ丸、アンデル、イスコ、コケ、ムニアイン、デ・ヘア
ソルダードやカナレスはパコにメッセージを送ってました。


さぁこうなるとオリンピック代表もちょっとしっかりしないといけませんよ~
次の親善試合、メキシコ戦ではちょっとはいいところ見せてくださいね!



España: Kepa Arrizabalaga, Joni, Jonás Ramalho, Derik Osede Alejandro Grimaldo, Oliver Torres, José Campaña, Suso (Denis Suárez, m.71), Jesé Rodríguez (Juan Bernat, m.91), Gerard Deulofeu (Juanmi, m.84) y Paco Alcácer.

once final_1


Grecia: Sokratis Dioudis, Nikos Marinakis, Dimitris Kourmpelis, Mavroudis Bougaidis, Kostas Stafylidis, Panagiotis Ballas, Spyros Fourlanos (Tasos Bakasetas, m.85), Giannis Gianniotas, Giorgos Katidis (Antreas Bouchalakis, m.90), Charis Mavrias y Dimitris Diamantakos (Charalambos Lykogiannis, m.67).


Goles: 1-0, m.80: Jesé Rodríguez.


Árbitro: Danny Makkelie (HOL). Mostró tarjeta amarilla a Giorgos Katidis, de Grecia.


Incidencias: final de la undécima edición del Campeonato de Europa sub 19 disputado en el Lilleküla Stadium de Tallin (Estonia).
スポンサーサイト

Comments

いや~、A代表に続き素晴らしい優勝でした!A代表と同じく準決勝のPKを勝ち抜け、決勝の相手はGSの初戦と同じ。結果も同じく優勝になると信じてました。

Setsukoさんのおっしゃるとおり、まだまだ個人技頼みのところはありますが、若さやチームとしての完成度とか考えればまだまだこれから!と思いたいです。

U-19だと、バルサ・マドリー以外にもバレンシアを含めいろんなチームからの選手がいて、個人的に面白いと思いました。チームとして合わせるにはA代表のように固まっているのが楽かもしれませんが。。

そうそう、昨年はモラタがピチチでしたね。サラビアとか、あとパコとデウロフェウは昨年もいましたね。このチームも若い選手が多いので、まだまだ楽しみです。

>Mikiさん

そうですね、いろいろなチームから集まっているところは「代表」らしいかも。
まぁアンダー世代は選手が固定しないのでチームとして出来上がる、なんてことはなかなか難しいのでしょうね。
昨年のSub21はちょっと例外かな。
あと、この監督さん、昨年はSub20を率いてワールドカップに出ていましたが、そこでも今一つ、という印象で。
短期間だからこそ監督のチーム作りもカギになるかなあなんて思って見てました。

モラタ、トップチームに定着できるかなぁ~とおもったらヘタフェにレンタル、なんて噂でていますね。
もともとアトレティ→ヘタ→レアルらしいので、ヘタに戻るのもいいかも。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する