スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Selección Española】Ya he conseguido "más... secretos de La Roja" 

MasSecretosDeLaRoja_convert_20120728225625.jpg

2008年のユーロでスペイン代表が優勝した後、現在はスペインのラジオ局COPEで代表番記者を務めるミゲル・アンヘル・ディアス記者がスペイン代表全面協力のもと「Los secretos de La Roja」という本を出しました。

選手たちに「ミゲリート」と愛情込めて呼ばれる、ミゲル・アンヘル・ディアス記者にしか書けない、チームの様々なことが書かれているということで、私もとても興味を持っていました。

スペインに行ったとき、その本を見つけて「買おうかなぁ」と迷いましたが、その時の私のスペイン語力ではきっと読み切れないだろと買わずに帰国してしまいました。

今年の6月8日、ユーロが始まる前にその本の日本語訳が発売されました。
正確にいうと訳されたのは「Mas... secretos de La Roja」
私がスペインで見つけた「Los secretos de La Roja」はいつの間にかワールドカップ優勝までのエピソードも加えられた「Mas... secretos de La Roja」に進化していたのです。

もちろん、その本はすぐに買ってユーロの期間、ずっと読んでいました。
あっという間に読み切ってしまいそうだったのですが、読み切ってしまうと代表のユーロが終わってしまう気がして、最後のページは決勝後にとっておきました。

訳はフットボリスタ編集長の木村さん。
なので訳も的確だし、とても読みやすかったのですが…

でもスペイン語を勉強している私としては、日本語訳を読んで
「これってスペイン語ではなんて言うんだろう」
という疑問が沸いてきました。

というわけで先週スペインに行っていた友人に無理を言って買ってきてもらいました。
代表にはあまり興味を示さないと言われているバルセロナの本屋でも平積みでおいてあったそうです。

ぱらっと見てみたところ割と読みやすそう。
まぁ今回は日本語訳、という強い味方もあるので、両方を見比べながら読んでいこうと思っています。


そうそう、日本語訳はとても面白いですよ。
代表ファンの方は是非読んでみてください。

ちらっとダビの名前も出てきたりします。

ラロハの秘密convert_20120728225714

スポンサーサイト

Comments

お~さすがSetsukoさん!スペイン語版にも挑戦されるんですね。ここ間違ってるぅとかつっこみどころもいっぱいありそうですね(笑)。

日本語版、私もいっき読みしたいのを我慢して、少しずつ楽しみました。とっても楽しかったです!そう、ダビの名前もちょろっと出てましたね。

この日本語版の本、フットボリスタで何度も見かけていたのですが
表紙がいまいちだし、帯の宣伝文句もいかにもな感じで
また、そんな番記者さんの本とは知らず購入しようか迷っていました。

でも、Setsukoさんのブログを見て購入意欲がフツフツと湧いてきました!
EUROと同時進行で読みたかったな~。

>Mikiさん

少しずつ、頑張ってみます。
面白いことがあったら記事にしますね。

>Y.Yさん

読んでみてください。
Y.Yさんは最近スペイン代表を見始めたのでしょうか。シルバから?
それでも以前の代表がどんなだったか、そこから彼らがどんなふうに変わって来たかがわかって面白いと思います。
でも、つまらなかったらごめんなさい。。。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。