【Selección Española】 Georgia × España 

MUNDIAL 2012
GEORGIA 0-ESPAÑA 1



Georgia-Espana (1)

試合のダイジェスト

スペイン代表の、ブラジルワールドカップ予選がスタートしました!
いやぁ予想はしていました。
多分ガチガチに守られて苦労するだろうと。
でもここまでとは…
相手は完璧に引いて6人+3人のラインで守っていました。
まったく隙間のところをそれでもパスを通そうとするjugones達を絡め取ってしまうグルジアの選手たち。
さすがのスペインもここまでやられるとチャンスはなかなか作れませんでした。

80%というボール支配率だったにも関わらず、ゴールのにおいはななかなせず。

先週の金曜日スペインより先に予選をスタートさせた同じ組のフランスが勝ち点3を挙げていることもあって、
「アウェだし引き分けでも、、、」
というわけにはいかないのです。

前半は0-0。
ちょっと不安になるぐらいチャンスを作れてませんでした。
確かにボールは持っているんですけど、守備ブロックを崩すことはできてませんでした。


1347393409_extras_albumes_0.jpg

後半デルボスケ監督はまず、武助をペドロに代えました。これにはちょっとびっくり。
ユーロの期間中、どんなに批判されてもシャビ・アロンソとブスケのドブレピボーテを崩さなかったですからね、デルボスケ監督は。
でもそれだけ何かやらないとこの守備は崩せない、と思わせるほどグルジアは堅かった。

次にシルバをカソルラに。シルバ良かったんですけどね。前半にはポストに当たる惜しいチャンスもありましたし。(これは前半唯一のゴールチャンスだったような気がします)

それでもゴールが奪えないスペイン。
ついにアルベロアをセスクに変えて超攻撃的布陣に。

なんとしても勝ち点3を奪って帰る!という姿勢を見せました。
この二人が入ったことでさらに相手陣に深くに押し込み、2つのラインの間で効果的な動きを見せたスペインは、
ようやく85分にソルダードがゴールを決め勝利をもぎ取りました。

ASのCrackはソルダードではなくペドロ。そしてDandyはセスク。
やっぱりこの二人が入ったことが大きかったということですね。


ソルダードゴール

そのあとロスタイムには「あわやPK?」というセルっちの怪しいプレーがあって、冷や汗をかきましたがなんとか終了。
貴重な勝ち点3を勝ち取りました。

やっぱり初戦、勝利でスタートしたいですものね。

_2RS9411_1.jpg

ソルダードのインタビュー
インタビューはファンマですね~
Copeにもよく登場します。

「勝利はみんなの働きによるもの。
 スペースを見つけるのがとても難しかった。
 彼らはボールの周りにいて、動いていないようだった。まるで壁だったね。
 誰も守備のゾーンから出ないんだ。本当に難しかったよ。」

ソルダードも苦労してました。
でも最後にゴールを決められて良かった!
これまでのゴールは親善試合でしたから。ようやく決めた公式戦でのゴール。
うれしかったでしょうね。

Tele Cinco


スペイン国内で、ブラジルワールドカップ予選の放送権をとったのはTeleCinco。
TeleCinco、といえばモーロです。
今朝も解説をしていました。

ちょっとびっくりしたのは以前よりよくしゃべるようになっていたこと。
解説のコツみたいなのをつかんだのでしょうか。


いつものRTVEとは違いますが、TeleCincoもサービス満載です。
↑のダイジェストもそうですが、前後半に分けてフルマッチをアップしてくれています。
グルジア×スペイン 前半
グルジア×スペイン 後半




Georgia: Loria (Kvaskhvadze, min. 73); Lobjanidze, Khizanishvili, Amisulashvili, Kvirkvelia; Kashia; Targamadze (Dzalamidze, min. 64), Daushvili, Kankava, Okriashvili; y Mchedlidze (Sirbiladze, min. 79).


España: Casillas; Arbeloa (Cesc Fábregas, min. 80), Piqué, Ramos, Jordi Alba; Busquets (Pedro, min. 57), Xabi Alonso, Xavi; Iniesta, Silva (Cazorla, min. 64) y Soldado.
_2RS8847.jpg


Goles: 0-1, min. 85: Soldado.


Árbitro: Svein Oddvar Moen (Noruega). Sin amonestaciones.


Incidencias: Boris Paichadze National Stadium. Lleno.


なかなか良い眺め。セルっちの彫り物は、、、いやなんですけどねぇ。

b_VICTORIA_COSTOSA_b_Pique.jpg

選手たちは今朝、6時半にマドリッドに到着。
各自のチームに戻って行きました。

選手の皆さん、お疲れ様でした!

スポンサーサイト

Comments

Setsukoさん、こんにちは。

いや~、粘り勝ちですね~。
後半のデルボスケ監督の采配のメッセ-ジが選手たちに
うまく伝わったようで何よりです。
セスクも入るとすぐ走って指示していたし、王者はアウェ-でも
勝ち点1では許されないのですね。

ソルダードがゴ-ルを決めた後、グルジアのバックラインの
選手が頭を抱えたり倒れて残念がる姿を見ると、選手達は国を
背負っているんだなぁと改めてこの1点の重みが伝わって来ました。

最後に…、シルバは良くはなかったですが悪くはなかったですよね!
goalcomでワ-ストに選ばれていて…。少し、凹みました。(;_;)

>Y.Yさん

シルバそんなに悪くなかったと思いますけどね。
前半どうやってもこじ開けられなかったのはシルバだけのせいじゃないですしね。

まぁ良い時もあれば悪い時もあるし。
試合は勝ったから良しとしましょう。

セスクもペドロもカソルラも好調。
スペイン代表は誰がでても同じサッカーができるところがすごい野ですよね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する