スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【David Albelda】決心は変わらない 

ASにダビのインタビューが載っています。
写真はアルベルトさん。
さすが、ダビのことが大好きだっていうのが写真に出ています。
本当に素敵な写真です。


1358646707_494681_1358646774_noticia_grande_convert_20130121220408.jpg

インタビューから。


- どうやったら35歳でレベルの高いクラブでプレーできるんですか?
「自分の健康に気を配ることだよ。
 フィジカルを良い状態に保つよう努力すること、かな」

- それに気づいたのは?
「自分の職業はなにかってことを理解すること。
 時間はいつも流れている。
 若いころは食べ物にも休みの過ごし方にもさほど気を付けなかった。
 カニサレスが何か言っても笑っていたよ。
 でも時間がたつにつれてそれがわかった。
 常識を受けれなければならない。
 あまり乳製品をとらないこと、肉より魚をたべること、糖分を少なめに、ソースはかけない。
 オリーブとツナのパスタだけ、だよ」

- 監督になるのでしょうか?
「いや将来のことははっきりしていない。
 チームを率いることにあまり魅力を感じていない。
 スペインではとてもプレッシャーを感じるからね。
 ここではみんなが疲れる。監督、会長、ここではどうなるか…
 Patxi Izcoはオサスナのために相当な努力をしてきた。
 しかしあまり良いことはなかった。
 イングランドと比べてみると、我々がやってきたことを考えなければならない。」


- スポーツディレクターというのは?
「バレンシアのために働くことならすべて僕はやりたいと思うよ。
 でもこのクラブは大きなプレッシャーに抑え付けられている。
 変えていくべき点がたくさんあるよ。」

- いつ現役を続けるのか、やめるのかの決心をするのですか?
「決心はついている。
 僕の決心をしっているのはわずかな人だけだ。でももう決心している。
 僕は将来どうしたいかをはっきり決めている。」

- バルベルデがやってきてあなたの役割は変わりました。それでもかわりませんか?
「変わらない。
 もう数年考えていた。
 やめる時を知らなければならない。
 それは僕が一番に決めていることだ。
 もう影響されない。
 僕は今シーズンが始まったときから考えていた。」

^ それはあなたが引退する、というように聞こえます。クラブとは話をしましたか?
「続けるためにはまずオファーがないと。まだ何も僕らは話をしていない。
 クラブは何年も僕のポジションの選手と探している。
 僕は今は2番目の選手なんだ。
 僕は突き落とされたくない。
 Siempre hay una rendija que dejas abierta.」


クラブ次第なのでしょうか。
クラブがオファーを出してくれたら続ける?

でも私はこのインタビューからダビがもう引退する、と決めているように感じられました。


ただ私はまだあきらめません。
スコールズみたいな例もあるじゃないですか!
一回やめたけど、監督に乞われても出ってきたスコールズ!
ダビだって!

年齢的に無理、というわけではないので残りのシーズンでどれだけ彼ができるかで考えは変わりそうに思います。


ダビ、そんなに簡単にやめさせないですよ、私は。


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。