スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Selección Española】España × Uruguay 

España 3 - Uruguay 1



1360177267_extras_albumes_1.jpg


動画がなかなか見つからず。
ASのものが一番よかったのでリンクを張っておきます。
Mucho Pedro y poco Uruguay


30分ぐらい遅れましたが試合を見ました。
その時はすでに1-1になっていました。
期待通りの面白い試合になっている?とあわててPCで見始めると。。。
確かに、面白かった!
時間が時間だっただけに、途中で寝ちゃうかな、と思ったのに寝られませんでしたから!


_1RS0448_1.jpg


まずは先発にアスピリクエタが入っていたのにびっくり。
さらにシルバが出ていないことにびっくり。
シルバはどうもフィジカルの調子が今一つだったよう。どこか打撲があったとか、ちらっとラジオで言っていました。

_1RS0413_1.jpg


先発は
ビクトル・バルデス、ジョルディ・アルバ、プジョール、セルっち、アスピリクエタ、
武助、カソルラ、マタ、イニエスタ、セスク、ペドロ

なんと先発メンバー11人中7人がバルサ。
まぁ今のリーガだとそうなってしまいますかねぇ。

今回はカシージャス、チャビ、シャビ・アロンソが怪我で欠場だったため
カピタンはプジョール。
彼はこの試合がRojaで迎える100試合目。

最近怪我が多くもう代表は無理かな、と思った時期もありました。
でも、そこはプジョール。
不屈の魂で戻ってきてくれました。
ダビと同じ世代で、一緒に苦しい時期の代表で戦ってきたプジョール。
彼の100試合目はダビにとっても嬉しいことだったに違いないと思います。


代表のDFはずっと不安定、と言われていました。
しかしプジョールが中心になって変わった気がします。

ピケとセルっちで戦ったユーロ。
最初は不安でしたが、振り返ってみれば失点はほとんどありませんでした。
確実に世代交代はできているのだと思いました。

しかしプジョールがいると締るのです。ディフェンスだけでなくチーム全体が。
にらみを利かしているというか。。。
こういう人がいる、というのは大きい気がします。

次にこういう存在になり得るのは…やっぱりセルっちですかね。


後半、プジョールはピケと交代。カピタンはそのセルっちに引き継がれました。
熱いDF二人のカピタン。
イケルやチャビ、シャビ・アロンソとはちょっと違うカピタンでしたね。


_2RS9958_1.jpg



スペインはその他マタからビージャに交代。
できれば二人がそろってピッチに立っているところが見たかったですけどね、バレンシアファンとしては。


ペドロが2点目の勝ち越しゴールを決めた後、デル・ボスケは次々と選手を交代させました。
まずはイスコがイニエスタと交代。
次はカソルラに代わってマリオ・スアレスを投入。
二人にとっては代表デビュー戦となりました。

そしてジョルディをモンレアルに、ペドロをネグレドに交代。
残ったのはシルバ、アルベロア、レイナだけでした。


_1RS0535_1.jpg


今回代表デビューをした3人の選手たち。
アスピリクエタは及第点。
イスコは輝きを見せ、大いにアピールでき、マリオは今一つ、という感じでした

イスコ、のびのびプレーしていましたねぇ。


そういえば、、、RTVEにあった動画。
2007年、キケが解任された後のバレンシアを一時率いたオスカル・フェルナンデスという監督さんが
今カタールにいます。
彼のチームの練習を見に行った?様子にイスコもシルバ、ビージャとともに映っています。

この動画には今カタールにいるラウールが代表を訪ねた様子もちらっと映っています。
Puyol, a por los cien


_1RS0284_1.jpg



そうそう、試合です。
スペインは後半、ペドロが2ゴールを奪いスペインが3-1で快勝。
後半はあまりピンチもなかったですねぇ。

ちょっと寂しかったのはビージャ。
最初に彼に訪れたチャンス。
あのシュートは以前のビージャなら絶対ゴールマウスに入っていたと思います。
やっぱり試合に出られるチームに移籍した方がよいな、と感じました。

そのビージャをこの機会に自分のチームに勧誘したに違いない二人の動画です。
これもRTVE。
Telediario Villa podría recalar en el Arsenal


1360183078_extras_albumes_0.jpg

本当は自分でゴールを決めたかったろうなぁ、、ビージャ。



この試合のMVPはペドロ、かもしれません。
でもセスクもすごくよかった。
セスクは最近バルサでも完全にレギュラー。

彼は本当にうまい、ですねぇ。
というか、うまくなっていますね。
毎年違う面を見せてくれている。確実に成長して自分のプレーの幅を広げている。

良い選手になりました。
あのドイツで「すごい選手が出てきたな」と思ったあの彼が。。。

これからも彼の成長を見ていきたい、と思います。


1360177728_extras_albumes_0.jpg




España: Valdés; Azpilicueta, Sergio Ramos, Puyol (Piqué, m.46), Jordi Alba (Monreal, m. 78); Busquets, Cazorla (Mario Suárez, m.70), Iniesta (Isco, m. 60); Pedro (Negredo, m. 75), Cesc y Mata (Villa, m. 46).
Uruguay: Muslera; Pereira, Lugano, Godín, Martín Cáceres; González (Matías, m. 80), Diego Pérez (Arevalo Ríos, m. 65), Lodeiro (Gargano, m. 77), ''Cebolla'' Rodríguez ('Chory' Castro, m. 69); Cavani (Forlán, m. 70) y Luis Suárez.
Goles: 1-0, m. 16: Cesc. 1-1, m. 32: Cristian Rodríguez. 2-1, m. 51: Pedro. 3-1, m. 74: Pedro.
Árbitro: Fahad Jaber (Catar). Amonestó a Busquets (22), Jordi Alba (56) y Sergio Ramos (56) por España, y a Diego Pérez (56) por Uruguay.
Incidencias: Encuentro amistoso disputado en el Khalifa International Stadium de Doha, lleno, ante 40.000 espectadores. En el descanso la Federación de Catar homenajeó a Puyol por sus cien partidos.
スポンサーサイト

Comments

私はW杯やコパですっかり聞き馴染んだ、ウルグアイの国歌斉唱あたりから見始めました。本当に見ごたえのある試合でした!!
最後までみながら、なぜシルバを使わないの~??と思っていたらそうだったんですね!? ビージャ、もし移籍するならアーセナルでの彼を見たいなぁ。スペイン人増えてさらに楽しみ(笑)

セスクはまだまだ成長してます!私はパリでのバルサとのCL決勝を見て、若くて素晴らしい選手だと注目してアーセナルでの彼を見てきたました。あっという間に代表召集されて、あのドイツでは敗戦したフランス戦で悔し涙を流してましたよねぇ~。

カタールで行われていたカップ戦に監督として来ていたモーロも、ラウールやイエロなんかと共に練習を訪れてたみたいです。U-16代表監督就任、決まるといいな!!

最後に、アスピ(リクエタ)ですが、まさかフルで使ってもらえるとは思っていませんでした。私もまぁ及第点かなと思いました。チェルシーでもまだまだこれからというところですが、頑張ってますのでよかったら応援してやってくださいネ!

>Mikiさん

ビージャ、とにかく試合にでたいのでしょうね。
マンCなんて話もちらっとありましたよね。マンCならシルバといっしょだし、アーセナルならカソルラといっしょうだし、どちらにしてもビージャにはなじみやすいかもしれないですね。

アスピリクエタ、Sub16時代からずっとカピタンを務めているとか。
そういうキャラには見えないですが(失礼!)しっかりしているのですね。

彼やドミンゲス、イニゴあたりがこれからもっと代表に選ばれるようになってほしいですね。


Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。