スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Regresa de Quique al Getafe!  

10 años después



quique-getafe_630x354.jpg

キケがヘタフェに帰ってきました。
2004-2005シーズン、ヘタフェが初めてプリメーラにあがったシーズン。
誰もが降格一番手にあげた中、12位でチームを見事に残留させたキケ。

そのシーズン、ラニエリ2度目のリーガ挑戦は、シーズン途中で終了。
チームは迷走。
そして、次のシーズンの監督として白羽の矢がたったのが、バレンシアOBで、ヘタフェを残留させたキケでした。

あの時まだ39歳だったキケさんもすでに49歳。
(私も同じように歳をとってしまいました)

少し太めになってしまったし、最近は滅多にスーツ姿も見れなくなってしまいましたが、
ヘタフェの監督としてまたリーガに戻ってくれたのは本当に嬉しい。

またここから始まる。
そんな気がします。

あーヘタフェに行きたいなぁ。



キケ、記者会見から

「私が幸せだと感じられる場所はヘタフェなんだ。
 とても居心地がいいよ。まるで、ずっとここにいたみたいだ。」

「私はヨーロッパで監督をしたいと考えていた。
 ここに残る条件は私の仕事の面でも、私的な面においても申し分ない。」
「クラブはこのところ方向性が定まらない状況だ。それは変えていかなければならないと考えられていた。
 最近の試合はあまりよい内容ではないが、それは現在のチーム状態によるものだ。」
「チームは出来上がっている。何人か選手が去ったりするが、それは小さいクラブにはよくあることだ。
 冬のマーケットもある。チームを強化するためにできるだけのことをするよ。」
「ファンがスタジアムに来てくれるように、多くのことをファンに与えなければいけない。
 ファンが自分のチームを見るのが楽しいと思えるようにしなければいけない、
 そして再びスタジアムをファンでいっぱいにしなければ」

1420457247_993855_1420464789_noticia_grande_convert_20150105225002.jpg
スポンサーサイト

Comments

ブーっ子 さん!

コメントいただいていたのですね!
ごめんなさい! お返事が遅くなってしまいました。
というか、、、キケ、やめちゃいましたね。
本当に残念。 思ったようなチーム作りができない、監督として続けていかれない、というようなことを言っていましたがせめて今シーズン終了まではやってほしかったです。

その後のヘタフェ、頑張っていますね。
キケはいなくなってもヘタフェはやっぱり気になるチーム。
残留にむけて頑張って欲しいです。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。