FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Albelda】Qué es de... David Albelda 

なぜかSefutbol(Medio Oficial de la Selección Española de Fútbol)にダビの記事がのりました。
たまたま本日仕事をお休みしていて時間があったので訳してみました。

記事はこちらからQué es de... David Albelda




ダビ・アルベルダ・アリケス(1977年生まれ、バレンシア ポブラ ジャルガ出身)は
代表歴 55回(2001〜2008)の元スペイン代表選手である。
今回我々は彼にインタビューを行った。「ダビ アルベルダとは?」

アルベルダは、2000年のシドニーオリンピックにイニャキ・サエス率いるスペイン代表として参加した。この大会でスペイン代表は銀メダルを獲得した。カメルーン相手の決勝戦の行方はペナルティーキックに持ち込まれた。アルベルダはゴールを決めたが、優勝はカメルーンが手にすることになった。

その翌年、2001年9月5日のリヒテンシュタイン戦にホセ・アントニオ・カマーチョ監督によりはじめてスペイン代表に招集された。
「代表選手になることは最高だ。どんな選手にとってもそれは夢が叶う、ということだ。さらに素晴らしい思い出が残る。様々な国への旅や、合宿や大会前のキャンプのちょっとしたことだ。」

2002年の日韓ワールドカップに参加した後、2004年のポルトガルユーロにも彼をよく知るイニャキ・サエスによって招集された。「僕はカマーチョ、サエス、それに偉大なルイスによってチャンスを与えられた。ルイスは僕たちをチャンピオンにしてくれた。彼のプロジェクトが実を結ぶよう、みんなが十分な信頼を示してくれたからだ。」

アルベルダはルイス・アラゴネスにとって鍵になる選手でありつづけ、ドイツワールドカップにも招集された。彼の最後の招集は2008年ユーロの予選だった。「僕は代表が大きな成功をつかむときにその場にいる幸運を手にすることはできなかった。なぜなら、2008年の2月を最後に招集されなくなったからね。でもイニエスタ、セルヒオ・ラモス、チャビ、イケル・カシージャスと一緒に過ごす機会を得た。素晴らしい成績をあげた偉大な世代だよ。」

2013年に引退してから2年、アルベルダはプロスポーツ選手として勉強を続けている。監督の資格と、ディレクターの資格取得のための準備を進めているのだ。さらにラジオ番組にアナリストとして出演し、試合の解説をしている。「教育を受けることはとても大切なことだ。将来その機会があるかはわからないが。解説することに関しては、ようやく自分自身の経験から話せるようになったよ。」





ダビが2008年のユーロに招集されなかったのは、バレンシアというクラブがバカだかったからです。当時のソレール会長と監督のクーマンがダビ、カニサレス、アングロのベテラン3選手をいきなり戦力外にし、他の選手たちと練習さえさせてもらえなかった。
それでもルイスは2月のフランスとの親善試合に招集してくれ、出場機会を与えてくれました。
ユーロの本大会のときは常に彼の味方だったCadenaSerで解説をしていました。もちろん決勝戦も。彼の代わりに賞賛を浴びたセナの活躍を見ながら、、、
あの大会のスペイン代表の形はアルベルダがいたからこそできた形でした。
ルイスはアルベルダに関してこう発言しています。
「戦術的に完璧な選手」
メダルをかけることも、カップを掲げることもできなかったダビにとって、これが最高の賛辞でした。

来シーズンは無理かもしれませんが、近い将来ピッチの上で彼の姿が見れそうですね。
そしたら彼に会いに行こう。選手時代に一緒にとった写真をもって。
スポンサーサイト

Comments

>ブーっ子 さん

ブーっ子 さん

コメントありがとうございました。
お返事が遅くなってしまい、申し訳ございません。

そうなんです!
キケが念願だったプレミアの監督になりました。
開幕して2試合、2引き分けという結果ですが、現地ではまあまあのスタート、と報じられているようです。

> とにかくまた第一線で見れるキケが楽しみですよ!

私も楽しみです。
彼らしい、守りのしっかりしたチームを作れば残留も可能ですよね。

おっしゃるとおり、プレミアに選手としてだけではなく、監督やコーチとしてリーガ経験者が増えてますよね。
なんて言ってもラニエリ、クーマン、それにキケと元バレンシア監督が3人もプレミアに集まっているというのがびっくりです。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。