スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Los recuerdos de David 

David me dejó los buenos recuerdo



03-8_20130615234926.jpg


いろいろ思い出すわけですね。ちょっとしたときに。
何でもない音楽を聴いていてとか(一応スペイン語だったりしますが)
で、考えてみたのです、一番記憶に残っている試合はどれだろう、と。

これが、、、これっていう試合がなかなかないのです。
ビージャなら彼がゴールを決めたシーンを詳細に思い出せるのに…

逆に
「バルサ戦でメッシにキツいタックルして一発レッドで退場したな」
なんて思い出したりして…

まぁ考えてみれば毎試合のようにゴールを決めるFWでもないし、相手のゴールをパラドン防ぐGKでもない。
最後の最後に体を張るCBでもないし、可憐なパスやクロスを入れるMFでもない。
一番地味なポジションですからね。。。

でもすごく大事なポジションなんですよ。
「相手の攻撃の芽を摘み、ボールを奪って自分のチームのチャンスに繋げる」のですから。
この前El Paisの記事にグアルディオラのこんな言葉がのっていました。
「Cuando el Valencia ataca, él ya piensa en cómo va a defender al perder el balón"
 バレンシアが攻撃している時、彼はすでに次にボールが奪われた時どうやって守るかを考えてプレーしている」


最高の褒め言葉だと思います、このポジションの選手にとって。


FelizNavidad_20130616000113.jpg

070317-equipo.jpg


ダビ自身は2001-2002のリーガ優勝が一番よい思い出と言っていますが
私はこのキケの時のバレンシアこそダビにとっては最高の時期だったのじゃないか
と思います。
ある意味「アルベルダのバレンシア」、と言えるようなチームでしたから。

キケの2年目のシーズンだったと思いますが、
「ダビがいないと勝てない」という時期がありました。
あの時のチームは守備的なチームだったと思いますが、ダビがボールを奪ってからのカウンターは
バレンシアらしいプレーでした。

来シーズン、新監督はどんなチームを作ってくるのかわかりません。
ダビのポジションに誰がやってくるのかもわかりません。

ここ数年、毎シーズンのようにダビはシーズン開幕をベンチで迎えました。レギュラーの座を失って。
でもシーズンが終わるとき、彼はまたチームにとって重要な選手に戻ってシーズンを終えていました。
誰もダビの代わりにはなりえなかった。
来シーズン、ピッチ上のプレー面だけでもダビの代わりが果たせる選手が来てくれることを願います。


ああ、でもピッチ上で時に激しく、時に笑顔でやんわりと審判に抗議するダビはもう見れないのですかねぇ…
いやいや、きっとどこかのチームでやっぱりそんな役割をはたしていてくれるはずです。
早くそれを見たいかも。


いくつかダビの笑顔の写真を。
(あまりに写真がたくさん保存してあって全部を見きれていないのですが…)


david9ab2007a_20130616001454.jpg

vcf-atletico4fe2007a.jpg

73756842_20130615234930.jpg

これは今シーズンのヘタフェ戦前の通路での写真。ガビランとの再会でこの笑顔。
1368961494565.jpg


この写真はダビが怪我をした後、バレンシアのオフィシャルWEBにその時の心境を語ったときに載った写真。
「すぐに戻ってくる。」という内容でした。
そして私の記事の題は「ダビ、待っているよ」だったな。
david24oct2006b-1.jpg

Hasta luego, David 

6月10日、バレンシアはダビと来シーズンの契約を結ばないことをクラブのオフィシャルページを通じて発表しました。

理由についてはいろいろ言われています。
昨日(12日)の新聞では
「ジュキッチはアルベルダをレギュラーとして使うつもりはなく、
 出場機会の少なさに不満をもつだろキャプテンをチーム内においておきたくなかった。」
「ジュキッチはこう言っている。
“私はアルベルダがベンチに座っているのを見るのはあまり好きじゃない”」
などなど。


私は最初は「残れるものなら残ってバレンシアで引退してほしい」と思っていました。
今年の一月にダビは自ら「今シーズンでバレンシアを出ていく」と宣言しました。
しかしその後チームの状況は大きく変わって、ダビは再び「自分がサッカー選手である。チームの役にたっている」と感じ、バレンシアに残りたいという気持ちをみせていたから。


しかし来シーズンから新監督のもと始まる新しいプロジェクトで彼の占める位置は小さいものでした。
残り少ない現役生活をベンチで過ごすのは嫌だと思っているダビにはとても満足できないでしょう。
たとえそれが彼の心のクラブであっても。
それは今シーズン実証されています。
きっとまた今シーズンと同じことをくりかえします。
(ただ、逆にバレンシアのことを考えるとダビのポジションでプレーする新しい選手が必ずしもチームにフィットするとは限らないという心配はありますが)


それなら、もうすっぱりと彼を「主力」として迎えてくれる新天地で新しいシーズンを迎えた方がよい。
私は今はそう考えています。
そのクラブでプレーを通して若い選手に自分の経験やプロとしての姿勢を伝えて欲しいです。


そしてできたら引退するときはもう一度メスタージャに戻ってきてほしい。
彼の引退試合はやっぱりバレンシアで、メスタージャでバレンシアCFがクラブとしてしっかり行ってほしい。
そして何度も言っていますが、いつの日かディレクターか会長かになってクラブに戻ってきてほしいです。(監督は嫌です)

だから、Adios! ではなく Hasta luego!というタイトルにしました。


2月にパテルナでダビと最後に交わした言葉がこの「Hasta luego!」でした。
そう、また絶対戻ってきますよ、ダビは!


IMG_4146_convert_20130613234803.jpg

【David Albelda】Rueda de prensa de David 31/1/2013 

no seguirá en Valencia la próxima temporada



david-1-2-2013b.jpg



1月31日に行われたダビの記者会見。

カピタンとしてバルセロナ戦に向けてどう考えているか、という内容だろうなと思っていたらこれが…
翌日の朝、内容をみてびっくりでした。

まずはASの記事で会見内容を。



バレンシアで15年目を迎えているカピタン、ダビ・アルベルダ。
彼は記者会見で
「95%の確率で僕は今シーズンが終わったらクラブを去る。
新たに、海外でのプレーを考えている。」

と語った。

これは彼のバレンシアでのサイクルの終わりを認めたことになる。
「その時がきて、具体的になったということ」
示した。

35歳の彼はたとえ懇願されたとしてもクラブに残る、というオプションは考えていないと話した。
「門は閉ざされてはいないが、もうそれは会長でも、SDのブラウリオ・バスケスでも
 どうにかなるものでもない」

「プレーができるかどうかが問題ではない。ここでは精神敵に疲弊するのだ。」と付け加えた。
彼はスペイン国内でプレーするのではなく、国外でプレーすることを考えている。

さらにアルベルダはこれは個人的な考えから来ているものだとコメントした。
「いつも僕は十分プレーできる良い状態の時に去るべきだと考えていた。
 今シーズンの最初のころは僕にとって難しい時だった。
 なぜならチームを助けることができなかったからね。」





バレンシアには今シーズン限り。来シーズンは外国のクラブでプレーをしたい。
これが彼の決意。

バレンシアで引退してほしい気もしますが、でも彼が選ぶ道であれば私は指示します。

外国、どこになるのでしょう。
35歳の彼をとってくれるクラブとなると限られるかもしれません。
カタールとかいくなら日本に来てくれませんかねぇ。

どこかJリーグのクラブでダビをとってくれるところはありませんか?
若い選手に真のプロ選手とは?を教えるにはもってこいの選手だと思うのですが。
いかがでしょうか?


resizer (1)

more...

【David Albelda】決心は変わらない 

ASにダビのインタビューが載っています。
写真はアルベルトさん。
さすが、ダビのことが大好きだっていうのが写真に出ています。
本当に素敵な写真です。


1358646707_494681_1358646774_noticia_grande_convert_20130121220408.jpg

インタビューから。


- どうやったら35歳でレベルの高いクラブでプレーできるんですか?
「自分の健康に気を配ることだよ。
 フィジカルを良い状態に保つよう努力すること、かな」

- それに気づいたのは?
「自分の職業はなにかってことを理解すること。
 時間はいつも流れている。
 若いころは食べ物にも休みの過ごし方にもさほど気を付けなかった。
 カニサレスが何か言っても笑っていたよ。
 でも時間がたつにつれてそれがわかった。
 常識を受けれなければならない。
 あまり乳製品をとらないこと、肉より魚をたべること、糖分を少なめに、ソースはかけない。
 オリーブとツナのパスタだけ、だよ」

- 監督になるのでしょうか?
「いや将来のことははっきりしていない。
 チームを率いることにあまり魅力を感じていない。
 スペインではとてもプレッシャーを感じるからね。
 ここではみんなが疲れる。監督、会長、ここではどうなるか…
 Patxi Izcoはオサスナのために相当な努力をしてきた。
 しかしあまり良いことはなかった。
 イングランドと比べてみると、我々がやってきたことを考えなければならない。」


- スポーツディレクターというのは?
「バレンシアのために働くことならすべて僕はやりたいと思うよ。
 でもこのクラブは大きなプレッシャーに抑え付けられている。
 変えていくべき点がたくさんあるよ。」

- いつ現役を続けるのか、やめるのかの決心をするのですか?
「決心はついている。
 僕の決心をしっているのはわずかな人だけだ。でももう決心している。
 僕は将来どうしたいかをはっきり決めている。」

- バルベルデがやってきてあなたの役割は変わりました。それでもかわりませんか?
「変わらない。
 もう数年考えていた。
 やめる時を知らなければならない。
 それは僕が一番に決めていることだ。
 もう影響されない。
 僕は今シーズンが始まったときから考えていた。」

^ それはあなたが引退する、というように聞こえます。クラブとは話をしましたか?
「続けるためにはまずオファーがないと。まだ何も僕らは話をしていない。
 クラブは何年も僕のポジションの選手と探している。
 僕は今は2番目の選手なんだ。
 僕は突き落とされたくない。
 Siempre hay una rendija que dejas abierta.」


クラブ次第なのでしょうか。
クラブがオファーを出してくれたら続ける?

でも私はこのインタビューからダビがもう引退する、と決めているように感じられました。


ただ私はまだあきらめません。
スコールズみたいな例もあるじゃないですか!
一回やめたけど、監督に乞われても出ってきたスコールズ!
ダビだって!

年齢的に無理、というわけではないので残りのシーズンでどれだけ彼ができるかで考えは変わりそうに思います。


ダビ、そんなに簡単にやめさせないですよ、私は。

more...

【David Albelda】Feliz Cumpleaños! 

ダビ、お誕生日おめでとう!





1346336701_extras_mosaico_noticia_1_g_0.jpg


昨日は9月1日。一日遅くなってしまいましたが、ダビのお誕生日だったので、お誕生日のお祝いを一言。

1977年9月1日生まれのダビは今年で35歳になりました。

ここ数年、ダビのお誕生日のたびに「今シーズンが最後になりませんように」と書いています。
今年ももちろんその気持ちは変わりません。

でもこの前のデポル戦で37歳のバレロンや36歳のマヌエル・パブロが元気にやっているのをみて
ダビも大丈夫なのではないかなと思っています。怪我さえなければ。
彼の場合、新たな怪我というより、膝の古傷が心配です。

そういえばバレロンだって大きな膝の怪我をしましたよね。
でも時間は限られているけれど、毎試合のように出場しています。
監督の絶大な信頼を得ている、と感じられます。


ペジェさんがダビを信頼しているのは間違いないと思います。
ただまだ開幕以来2試合、ダビは試合機会を得ることができていません。

前節のデポル戦はガゴが怪我をしたのに、ダビではなくパレホをいれました。
前半3点をとっていたのに結局3-3の引き分けに追いつかれたことで
「この交代が良くなかったのでは?」
と批判をされてしまいました。


結果論になってしまうのですが私もパレホを入れると守備面でのバランスが崩れそうだなとは思いました。
でもペジェさんはそれ以上にメスタージャの開幕戦をゴールを決めて、勝ちたかったのではないですかね。


世間の批判に対し、ダビはツィッターで反論しました。


"No seamos ventajistas que es muy fácil analizar las cosas una vez pasan.
No se puede cargar toda la responsabilidad sobre un jugador".
「一回あったことを簡単に分析するようなあくどい人間であってはいけない。
 一人の選手にすべての責任を背負わすことはできない。」

"Quien hizo el pase del gol de Soso? Dani Parejo".
「フェグリのゴールは誰のパスだった?ダニ・パレホだ」


すぐに飽きるだろう、と言っていたツィッター。
ダビ、有効につかっているのではない?

今シーズンはこんな形でもカピタンとしてチームを支えるのかな。

more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。